中邨秀雄 なかむら ひでお

映画演劇

掲載時肩書吉本興業会長
掲載期間2002/06/01〜2002/06/30
出身地大阪府
生年月日1932/10/20
掲載回数29 回
執筆時年齢70 歳
最終学歴
関西学院大学
学歴その他生野高
入社吉本興業
配偶者料亭娘
主な仕事何でも屋、新喜劇(演劇)、懲戒解雇命 令、ヤングオーオー、ヤス・キヨ、可朝、
恩師八田竹男 上司
人脈花菱アチャコ、エンタツ、花登筐、三枝、 東京進出、さんまギャラ見直し
備考笑いと病気
追悼

氏は’15年7月3日82歳で亡くなった。「履歴書」に登場は02年6月である。映画・演芸業界では、堀久作(日活)、大谷竹次郎・永山武臣(松竹)、永田雅一(大映)、大川博・岡田茂(東映)、川喜多長政(東宝東和)、植田紳爾(宝塚)と氏で9人である。花菱アチャコの担当マネジャーを担当し、芸人(アチャコ)のプライドを目のあたりにして芸人の心意気を学んだ。

その後、演芸部門の再興に取組み、うめだ花月(大阪市)などの劇場開設に携わり、吉本新喜劇をスタートさせた。また、69年に始まった若者向け人気番組「ヤングおー!おー!」を企画するなど、テレビ局と組んでタレントを売り出す手法を確立した。東京は人気が出ると思うと先物買いでギャラを高くするが、大阪は芸人の格でギャラを決める。この垣根を彼が壊した。その突破口は明石家さんまだった。彼は桂三枝(現・文枝)や笑福亭仁鶴、やすし・きよし、月亭可朝らを人気者へと押し上げた。

そして「吉本興業に属している芸人は600人以上。その中で最高が8億円強で、一億円超の高額所得者11人を合わせると、百人ちょっとが一千万円以上取っている。年収百万円以下も300百人以上がいる。収入については格差の激しい社会だ。芸人はいったん人気が出ると倍々ゲームで収入が増える。歩合給のテレビ出演本数が急増するせいだ」という。このギャラは02年当時の相場なのだ。普通の芸人はプライド上、ギャラにうるさいが、唯一の例外は笑福亭仁鶴で「一度たりともギャラについて文句を言ったことがなかった」そうだ。

[ 前のページに戻る ]