金子兜太 かねこ とうた

文芸

掲載時肩書俳人・現代俳句協会長
掲載期間1996/07/01〜1996/07/31
出身地埼玉県
生年月日1919/09/23
掲載回数30 回
執筆時年齢77 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他水戸高
入社日銀
配偶者医者娘
主な仕事高校から俳句、海軍経理学校、トラック島、組合事務局長、俳句中心、新俳句、
恩師・恩人草田男師
人脈石田波郷、(尾崎放哉、山頭火、一茶)ファン、佐々木直(面接)、三重野康(一下)
備考父:開業医
追悼

氏は、’18年2月20日98歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は22年前の1996年7月だから76歳であった。他の俳人や歌人では、荻原井泉水、吉井勇、富安風生、川田順、水原秋桜子、窪田空穂、山口誓子、中村汀女、森澄雄、岡井隆の10名が登場している。氏は、戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論と実作の両面で中心的な役割を果たし、その後も後進を育てつつ第一線で活動した。

「私の履歴書」には、医者の父の影響で早くから俳句に慣れ親しんだが、家業の医師を継がず、俳句にうつつをぬかしため、母親から「兜太」と呼ばれず「与太」と呼ばれたという。長男として1919年に生まれたが、この1919を「一句一句」と読み替えて、俳句を作るために生まれたとか、俳句以外に取柄のない生まれと言われたのか、同年の人には専門俳人が多いと書いている。

佐々木直の面接をうけて1944年日本銀行へ入行したが、3日後に海軍経理学校に短期現役士官として入校して、大日本帝国海軍主計中尉に任官され、トラック島で200人の部下を率いる。しかし、サイパン、グアム、パラオ諸島など次々と米軍の攻撃で陥落し、トラック島は孤立状態に陥った。食料も自給自足せざるを得なくなり、自活と士気高揚のため、俳句会を作り、10数名で句会を始めた。句集はガリ版刷りで発行したが、敗戦直後に、日記や読書メモと一緒にすべて焼却した。(2016-8-2付東京新聞ではこのガリ版句集を発見と報道された)

孤立後も、米軍の絨毯爆撃が続き、飢えで死ぬ人は増え続けた。終戦までトラック島全体の死者は約8千人。そのうち、海没者2千、残る6千は餓死者が多いという。1945年11月末、生き残った人たちが全員「戦争捕虜」と書いたシャツを着せられて、米軍により引き揚げられた。このとき読んだ句が、有名な「水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る」だった。非業の死を遂げた戦友が眠る島へと続く船の白い航跡を魂に刻んだものだった。氏の反戦魂はこの句が原点のように思える。

金子 兜太
(かねこ とうた)
KANEKO TOTA.jpg
2017年4月
誕生 (1919-09-23) 1919年9月23日
日本の旗 日本 埼玉県比企郡小川町
死没 (2018-02-20) 2018年2月20日(98歳没)
日本の旗 日本 埼玉県熊谷市
職業 俳人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 経済学士
最終学歴 東京帝国大学経済学部卒業
文学活動 社会性俳句運動前衛俳句運動
主な受賞歴 現代俳句協会賞1956年
詩歌文学館賞1996年
現代俳句大賞(2001年)
蛇笏賞2002年
日本芸術院賞2003年
正岡子規国際俳句賞大賞(2008年
毎日芸術賞特別賞(2010年
小野市詩歌文学賞(2010年)
菊池寛賞(2010年)
朝日賞(2016年)
配偶者 金子皆子(1947年-2006年)
テンプレートを表示

金子 兜太(かねこ とうた、1919年大正8年)9月23日 - 2018年平成30年)2月20日[1])は、埼玉県出身の俳人現代俳句協会名誉会長日本芸術院会員、文化功労者小林一茶種田山頭火の研究家としても知られる。

加藤楸邨に師事。「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論と実作の両面で中心的な役割を果たし、その後も後進を育てつつ第一線で活動した。上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。

  1. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「asahi20180221」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
[ 前のページに戻る ]