岡井隆 おかい たかし

文芸

掲載時肩書歌人
掲載期間2008/10/01〜2008/10/31
出身地愛知県
生年月日1928/01/05
掲載回数28 回
執筆時年齢80 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他八高
入社クリスチャン
配偶者
主な仕事風景・心象(前衛)短歌、医療と両立、 現代短歌論、大学教授、歌会選考員、
恩師杉浦明平
人脈柴生田稔、近藤芳美、塚本邦雄(8上)、寺山修司(7下)、金子兜太、浜本芳子、俵万智、
備考父茂吉門下
追悼

氏は、’20年7月10日92歳で亡くなった。この「履歴書に登場は‘08年10月の80歳のときでした。この「履歴書」に登場の歌人、俳諧人は、荻原井泉水(1957.2)、吉井勇(1957.4)、富安風生(1961.5)、川田順(1962.3)、水原秋櫻子(1963.7)、窪田空穂(1966.3)、山口誓子(1966.3)、中村汀女(1972.5)、金子兜太(1996.7)、森澄雄(2007.8)に次いで氏の11人が選ばれている。

氏の作風と主義(斎藤茂吉らから実景再現を学ぶ)
氏は、物や事が向うに確かに存在し、それを主として視覚的に把握して、歌にするという技術を習得しようとした。これを一言でいえば、言葉によるデッサンである。今でも毎日言葉によるデッサンをくり返していると。自然にせよ、心理にせよ、そこに描くに足りる相手ある限り、それを短歌の形に収めようとする。うまくいけば単純に喜び、失敗すれば何度も書き直す。これは一種の職人芸といえる。アルチザン(職人)という言葉があり、アーチスト(芸術家)と対比されることがある。氏は、一芸を技術的に磨き上げたいという志において、アルチザンに徹したいと願った。だから、基本的な技法をマスターするために修業をし、その上に立って、あらゆる技法を模索し続けることが理想であった。いい歌人であるといわれるより、技の巧みな歌人と言われることを誇りとしたいのであると書いてある。

氏は「歌人が医者になった」のだと
氏は、1950年に慶応大学の医学部に入学した。一年留年したが卒業して医者になった。しかし、短歌「アララギ」は10代からの学校みたいなもので、こちらの方が先だった。そこで、よく人から訊かれるので「ぼくは歌人になるのが先だったので、いわば歌人が医者になったんだよ。医者が歌を作ったというのではないよ」と応えていた。
 しかし、科学(医学)は理論を立て、仮説→実験→再仮説→再実験というプロセスが好きであった。この科学的手法を文学に持ち込み、短歌の理論的著作である「短詩型文学論」(金子兜太と共著)を上梓したのだった。

岡井 隆
(おかい たかし)
誕生 (1928-01-05) 1928年1月5日
日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没 (2020-07-10) 2020年7月10日(92歳没)
日本の旗 日本東京都武蔵野市
職業 歌人詩人文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾大学医学部卒業
活動期間 1946年 -
ジャンル 短歌
主な受賞歴 迢空賞(1983年)
斎藤茂吉短歌文学賞(1990年)
現代短歌大賞(1995年)
紫綬褒章(1996年)
詩歌文学館賞(1999年)
旭日小綬章(2004年)
読売文学賞詩歌俳句賞(2005年)
藤村記念歴程賞(2007年)
小野市詩歌文学賞(2009年)
高見順賞(2010年)
短歌新聞社賞(2011年)
文化功労者(2016年)
旭日中綬章(2020年)
所属 未来短歌会
テンプレートを表示

岡井 隆(おかい たかし、1928年昭和3年)1月5日 - 2020年令和2年)7月10日[1])は、日本歌人詩人文芸評論家未来短歌会発行人。日本藝術院会員。塚本邦雄寺山修司とともに前衛短歌の三雄の一人。

  1. ^ 戦後の短歌界をけん引した岡井隆さん死去共同通信2020年7月11日
[ 前のページに戻る ]