金森久雄 かなもり ひさお

ジャーナリスト

掲載時肩書エコノミスト
掲載期間2004/09/01〜2004/09/30
出身地東京都
生年月日1924/04/05
掲載回数29 回
執筆時年齢80 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他浦和高
入社商工省
配偶者教授娘
主な仕事経企庁、英国留学、日経研センター、 前川リポート、
恩師高橋亀吉
人脈柳谷謙介(小)、大来佐武郎、下村治 、篠原三代平、
備考父法務大臣
追悼

氏は’18年9月15日に94歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は2004年9月で80歳のときであった。エコノミスト、経済学者、経済評論家としてこの「履歴書」に登場したのは、他に小倉武一、高橋亀吉、吉野俊彦、東畑誠一、宇沢弘文、青木昌彦、篠原三代平、木内信胤の9人である。氏は高橋亀吉氏を尊敬し現実に即した見方を学んだと書いていた。父親の徳次郎氏も1958年3月にこの「履歴書」に登場している親子二代である。

氏は戦後日本を代表する強気派のエコノミストだった。どんな危機に面しても、日本経済の成長力がいかに強いかを説き続けた。池田内閣の所得倍増計画はエコノミストの下村治氏と同調し経済白書でも強調した。しかし、73年の第一次石油危機時には、強気派の双璧をなす下村氏がゼロ成長論にくら替えし、原油供給が見込めないなら成長はゼロにすべきだとした。しかし、氏は省エネが産業構造の変化を起こし成長は続くと反論した。結果はその後の景気回復とエネルギー効率の改善が氏の予想通りになった。

氏の「履歴書」を読み直して面白く感じたのは、日本経済研究所の次長になった時、その所長は後に文化勲章受章された一橋大学の篠原三代平氏であった。金森氏は「これは少し都合が悪い。篠原氏は私の敬愛する先生であるが、景気の見方は私とは違っていた。篠原さんの説では景気は10年とか、50年とか、ある程度の規則性をもって循環するというものである。私はそのような規則性を信じない」とある。新聞記者が来て景気の見通しについて意見を聞いてくると、「衝立を隔てて篠原さんと私の話す言葉は筒抜けである。お互いに反対の意見をしゃべった」と。お互い持論を展開したのだから良いとして、取材した記者はどのように記事にしたのでしょうね。興味深いものです。

金森 久雄(かなもり ひさお、1924年4月5日 - 2018年9月15日[1])は、元経済官僚、経済評論家

  1. ^ 金森久雄氏が死去 元日本経済研究センター理事長 日本経済新聞、2018年9月19日
[ 前のページに戻る ]