浅丘ルリ子 あさおか るりこ

映画演劇

掲載時肩書女優
掲載期間2015/07/01〜2015/07/31
出身地中国満州
生年月日1940/07/02
掲載回数30 回
執筆時年齢75 歳
最終学歴
中学校
学歴その他
入社日活
配偶者石坂浩二、他
主な仕事神田住、日活黄金時代、石原プロ、 歌手、寅さん、舞台、TV,
恩師
人脈裕次郎、小林旭、ひばり、森光子、渥美清、蜷川舞台、高倉健、大原麗子
備考映画:3姉妹に 大原麗子
論評

「履歴書」女優の登場者は、東山千栄子、杉村春子、水谷八重子、田中絹代、天津乙女、長門美保、春日野八千代、ミヤコ蝶々、山本富士子、山口淑子、宮城まり子、森光子、扇千影、香川京子、有馬稲子、佐久間良子に次いで彼女で17人目となる。有馬稲子は市川崑監督、佐久間良子は鶴田浩二との不倫問題を暴露したが、浅丘の場合は、小林旭との結婚話が22歳であったため、父の反対で破談となった程度の暴露だった。
香川京子の場合は、一番多くの監督(25人)に出演したとして、それぞれの監督の撮影特徴や性格を述べてくれていたが、彼女の場合は、共演した人気スターの特徴紹介だった。小林旭、石原裕次郎、美空ひばり、勝新太郎、加山雄三、石坂浩二、森光子、渥美清、高倉健、大原麗子ら10人の特徴が1日分紙面で書かれていた。監督は蔵原惟繕、山田洋次、市川崑の3人、舞台監督は蜷川幸雄であった。
印象に残ったのは、28歳のときハスキーな歌手になるため、ヘビースモーカーになり声を潰した。その声で「夕陽の丘」や「愛の化石」を歌って大ヒットとなった。また、寅さんシリーズで当たり役となったドサ回りを続けるしがない三流歌手・リリーは48作中、4本に登場するが最後の作品「紅の花」の思い出だ。「渥美さんはガンがすでに肝臓から肺にまで転移し、医師からは撮影は難しいと言われていた。顔は青白くやせ衰え、与太を飛ばして見栄を張るひょうきんで明るい寅さんではなかった」。もう二度と共演はできないと思い山田監督に、「寅さんと結婚をさせてください」と懇願したが、50作目まで続けたい監督意向で、この願いは叶わなかった。渥美さんは68歳の若さで天国に旅立った。

美女と才女
浅丘ルリ子
あさおか るりこ
浅丘 ルリ子
浅丘 ルリ子
本名 浅井 信子(あさい のぶこ)
生年月日 (1940-07-02) 1940年7月2日(80歳)
出生地 満州国の旗 満州国新京[1]
身長 156cm[2]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
活動期間 1954年 -
活動内容 1954年:『緑はるかに』でデビュー。
配偶者 石坂浩二(1971年 - 2000年)[1]
主な作品
テレビドラマ
白い滑走路
やすらぎの郷
やすらぎの刻〜道
映画
ギターを持った渡り鳥[1]
憎いあンちくしょう
赤いハンカチ
愛の渇き
戦争と人間』シリーズ[1]
テンプレートを表示

浅丘 ルリ子(あさおか ルリこ、1940年7月2日[1] - )は、日本女優。本名:浅井 信子。血液型はA型。前夫は石坂浩二

  1. ^ a b c d e 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.58.
  2. ^ 日本タレント名鑑
[ 前のページに戻る ]