武見太郎 たけみ たろう

医療

掲載時肩書日本医師会会長
掲載期間1967/06/06〜1967/07/09
出身地京都府
生年月日1904/08/07
掲載回数34 回
執筆時年齢63 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他慶應予
入社医局
配偶者牧野伸顕 孫娘
主な仕事中学病気(2年)、茶の効用、心電計 肝臓ジストマ、第一次吉田内閣裏方
恩師仁科教授
人脈山本丘人、バーナードリーチ(隣人) 岩波茂雄、小林勇、茅誠司、中谷宇吉郎
備考
たけみ たろう
武見 太郎
Imakumano-Kannon-ji Temple - Statue of Takemi Tarô.jpg
武見太郎の像(観音寺 ・京都市東山区)
生誕1904年明治37年)8月7日
日本の旗 日本 京都府
死没 (1983-12-20) 1983年12月20日(79歳没)
東京都
国籍日本の旗 日本
民族日本人
出身校慶応義塾大学医学部
職業医師
肩書き世界医師会会長
配偶者秋月英子
子供武見敬三(政治家)
武見可質(父)
武見初(母)
親戚菊地養之輔
大友よふ

武見 太郎(たけみ たろう、1904年8月7日 - 1983年12月20日)は、日本医師である。日本医師会会長、世界医師会会長を歴任した。

太平洋戦争後の厚生行政に於いては各種審議会の委員を委嘱され、1961年(昭和36年)には全国一斉休診運動を強行するなど[1]厚生省官僚との徹底的な対決をも辞さない姿勢はケンカ太郎と言われた。医師会内部でも自分の意に沿わない医師を冷遇するなど独裁的な権力を揮い、医師会のみならず薬剤師会歯科医師会を含めたいわゆる「三師会」に影響を及ぼし武見天皇とまで呼ばれた。

医師会サイドからだけでなく、吉田茂閨閥(吉田茂の妻雪子は牧野伸顕の長女)に連なり、その私的なブレーンとしても政治に関わっていた。武見敬三の父でもある。

  1. ^ 日本医師会 『日本医師会 戦後50年のあゆみ』、71頁http://www.med.or.jp/jma/about/50th/ 
[ 前のページに戻る ]