林房雄 はやし ふさお

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1965/02/26〜1965/03/17
出身地大分県
生年月日1903/05/30
掲載回数20 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他五高
入社多摩刑務所
配偶者
主な仕事S20年8月6日~15日新夕刊、 太平洋戦争肯定論、
恩師
人脈鎌倉文士(里見、大佛、川端、小林、 中山、林、高見)横光、清水崑、岩田専太郎
備考
林 房雄
(はやし ふさお)
ペンネーム 白井 明[1]
誕生 後藤 寿夫(ごとう ひさお)[1]
(1903-05-30) 1903年5月30日[1]
大分県大分市大分港
死没 (1975-10-09) 1975年10月9日(72歳没)[1]
神奈川県鎌倉市[1]
墓地 鎌倉報国寺
職業 小説家評論家
最終学歴 東京帝国大学法科中退[1]
活動期間 1925年(大正14年) - 1974年(昭和49年)[1]
代表作 『青年』(1932年)
『壮年』(1936年)
『息子の青春』(1950年)
『妻の青春』(1952年)
大東亜戦争肯定論』(1964年)
『続・大東亜戦争肯定論』(1965年)
『西郷隆盛』(1942年-1948年、1964年-1970年)[1]
主な受賞歴 第13回文学界賞(1937年)
第1回大衆雑誌懇話会賞(1947年)
デビュー作 「日和見主義の誕生」(1925年)
「林檎」(1926年)[1]
配偶者 繁子(妻)
テンプレートを表示

林 房雄(はやし ふさお、1903年明治36年)5月30日 - 1975年昭和50年)10月9日)は、日本小説家文芸評論家大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。

  1. ^ a b c d e f g h i 林房雄』 - コトバンク
[ 前のページに戻る ]