松岡功 まつおか いさお

映画演劇

掲載時肩書東宝名誉会長
掲載期間2016/06/01〜2016/06/30
出身地兵庫県
生年月日1934/12/18
掲載回数29 回
執筆時年齢82 歳
最終学歴
甲南大学
学歴その他甲南高
入社東宝
配偶者ヅカ生男優
主な仕事テニス日本代表、NY駐在、欧州(買付けと販売)、東和出向、ホリプロ連携、影武者、映画、演劇、貸ビル、
恩師川喜多長政
人脈藤本真澄、菊田一夫、黒澤・勝事件、森繁・森光子・佐久間・富士子・十朱・長谷川・ひばり、沢口靖子、
備考父:東宝社長
論評

氏は、映画・演劇業界の経営者として、堀久作(日活)、大谷竹次郎・永山武臣(松竹)、永田雅一(大映)、大川博・岡田茂(東映)、川喜多長政(東和東宝)、神田紳爾(宝塚歌劇)、中邨秀雄(吉本興業)に次いで10人目である。阪急系では3人目となる。

氏は大学時代からテニスで全国優勝する実力者となり、日本代表の加茂公成、宮城潤に次ぐプレヤーとして日本代表となった。そしてデビスカップにも出場した実績も持つ。氏の次男・修造もプロテニスプレヤーとして一時代を築いたのも、父親の優れた血を引いていると思える。

興味深かったのは、映画「影武者」で黒澤明監督が主演の勝新太郎との衝突で、主役交代事件の真相暴露であった。この事件に関しては、黒澤監督も勝夫人の中村玉緒さんも主役交代原因を公にしたことはなかったから。勝と親しかった氏が、黒澤監督との間に立って主役を仲代に交代する説得役になった。この原因は、黒澤監督が考え抜いて配置した本番用のカメラが何台も置いてあるリハーサル現場に、勝がビデオカメラを持ち込み、無断で撮影していたからだった。監督にとって俳優は自分の指導で自分のイメージ通りに演ずればよく、それ以外のことをしてはならない。それをしたので黒澤組の鉄則に触れることとなったのだった。そうか、そういうプロの不文律があるのだと知った。

また、氏の経営手腕で目立ったのは、「雪の女王」などの映画部門、「屋根の上のバイオリン弾き」や宝塚歌劇などの演劇部門の黒字化、そして映画館を商業ビル化して、賃貸収入の安定化を図ったことだった。それは東京、大阪、名古屋などに直営の映画館が入るビルを14棟もっていたため、このビルをシネマコンプレックス(複合映画館)に建て直し、1ケ所に10スクリーンあってもトイレや売店は共通だから人件費は3分の一で済ませ、運営管理費も10館の映画館に比べると4分の一になったという。繁華街の一等地映画館は高層ビル化して、高級ブランドのテナント入居に成功したことだった。こうして賃貸収入が東宝の収益源に育ったと書いているが、これが他社との違いだろう。

松岡 功(まつおか いさお、1934年12月18日 - )は、日本実業家テニスプレーヤー。

東宝名誉会長(元代表取締役会長)、日本アカデミー賞協会名誉会長、川喜多記念映画文化財団理事。

デビスカップの日本代表テニスプレーヤー。ただ、東宝のためテニスを断ち切った。そして息子の修造には長い間そのことを話さなかった。

兵庫県芦屋市出身。

趣味、特技はテニス、ゴルフ

[ 前のページに戻る ]