杉村春子 すぎむら はるこ

映画演劇

掲載時肩書女優
掲載期間1968/06/27〜1968/07/21
出身地広島県
生年月日1906/01/06
掲載回数26 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他広島女学校
入社築地小劇場
配偶者石山dr. 10歳下
主な仕事築地座、文学座、「女の一生」500回以上、映画、新派、30名脱退(s38)
恩師久保田万太 郎、岸田劉生
人脈青山杉作(俳優座創設)、森本薫(女一生 )、豊田四郎、丸山定夫(無法松)
備考誰が選んでく れたんでもない
美女と才女
杉村春子
すぎむら はるこ
杉村 春子
杉村 春子
1953年(昭和28年)
本名 石山 春子
生年月日 (1906-01-06) 1906年1月6日
没年月日 (1997-04-04) 1997年4月4日(91歳没)
出生地 日本の旗 日本広島県広島市
死没地 日本の旗 日本東京都文京区
国籍 日本
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビ
活動期間 1927年 - 1997年
配偶者 1. 長広岸郎(1933–42死別)[1]
2. 石山季彦[1](1950–66死別)
主な作品
映画
麦秋[1]
めし
にごりえ[1]
小島の春
東京物語
晩菊
午後の遺言状
舞台
女の一生
欲望という名の電車
鹿鳴館
華岡青洲の妻
テンプレートを表示

杉村 春子(すぎむら はるこ、1906年明治39年)1月6日 - 1997年平成9年)4月4日[1])は、広島県広島市出身の新劇女優。本名:石山 春子(いしやま はるこ)。旧姓:中野(なかの)。

築地小劇場より始まり文学座に至る日本の演劇界の屋台骨を支え続け、演劇史・文化史に大きな足跡を残した、日本を代表するカリスマ女優[2][3][4][5]称号東京都名誉都民

  1. ^ a b c d e 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.30.
  2. ^ 俳優全集, pp. 370-373、昭和ヒーロー, pp. 126-128
  3. ^ 文春写真館 あのとき、この一枚”. 文藝春秋社 (2010年2月14日). 2010年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月13日閲覧。『激動の90年、歴史を動かした90人』「杉村春子 お芝居の下手な人、大っ嫌いッ 樹木希林」 文藝春秋2013年新年特別号 | バックナンバー - 文藝春秋WEB、215-217頁。
  4. ^ “杉村春子(読み)スギムラ ハルコ”. コトバンク (朝日新聞社/VOYAGE MARKETING) 「〈演劇〉 imidas Who's Who 杉村春子」『情報・知識imidas 2001』集英社、2001年、1067頁。ISBN 4081000158鈴木国男 (2018年3月). “時事用語事典 杉村春子”. imidas (集英社). オリジナルの2021年7月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/oOhrQ 2021年7月7日閲覧。 杉村春子 - NHKアーカイブス NHK映像ファイル あの人に会いたい(2016年3月5日時点のアーカイブ“第百五話 己を信じる -【広島篇】女優 杉村春子-”. yes!〜明日への便り〜 presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ (TOKYO FM). (2017年9月2日). オリジナルの2020年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200613102820/https://www.tfm.co.jp/yes/?id=108 2021年7月7日閲覧。 
  5. ^ 櫻井正朗 (2021-06–27). “田中絹代、原節子、杉村春子……。若き日の大女優が残した貴重な足跡  「女優と映画」 第二回”. 婦人画報 (ハースト婦人画報社). オリジナルの2021年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210628115303/https://www.fujingaho.jp/culture/interview-celebrity/g36835246/fujingaho115-culture-jyoyuu2-210627/ 2021年7月7日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]