岡本綾子 おかもと あやこ

スポーツ

掲載時肩書プロゴルファー
掲載期間2013/05/01〜2013/05/31
出身地広島県
生年月日1951/04/02
掲載回数30 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他今治明徳高
入社大和紡
配偶者
主な仕事ソフトボール:国体優勝、ゴルフ、池田CC,プロ1年初優勝、米賞金女王、米国殿堂(青木・樋口)、猿島CC設計、
恩師岡本昭重
人脈吉持・諸星(同期)、有延(大和紡社長)、パティ・シーハン、パティ・リゾ、小山五郎、五島昇、宇津木妙子・麗華
備考
論評

プロゴルファーでは宮本留吉氏(1983年8月)、青木功氏(2010年2月)が登場していますが、女性では初めてです。世界ゴルフ殿堂入りには、樋口久子氏、青木功氏に次いで3人目で2005年でした。
特に印象に残ったこの掲載箇所は、賞金女王時代は「トーナメント会場に行ってクラブハウスに入り、コースを目にした瞬間に(この試合でトップ3には入るな)と感じた」という。また、「何となく相性がいい、というか不思議な感覚が働く」とも。この心境は、川上哲治氏の「ボールが止まって見える」とか、長嶋氏の「絶好調時代は、ボールがソフトボールのように大きく見える」に通じているのかもしれない。

美女と才女
岡本綾子
TransparentPlaceholder.svg 岡本 綾子 Golf pictogram.svg
Ayako Okamoto
Kawana1.jpg
岡本 綾子
(2005年4月23日撮影)[1]
基本情報
名前 岡本 綾子
生年月日 (1951-04-02) 1951年4月2日(70歳)
身長 165 cm (5 ft 5 in)
体重 65 kg (143 lb)
出身地 広島県東広島市安芸津町
(旧豊田郡安芸津町)
経歴
プロ転向 1974年
成績
優勝回数 62回(日本女子:44回、
全米女子:17回、欧州女子:1回)
初優勝 日本女子:美津濃ゴルフトーナメント (1975)
全米女子:アリゾナ・コパー・クラシック (1982)
欧州女子:ドイツ女子オープン (1990)
賞金王 日本女子:1981年
全米女子:1987年
殿堂表彰者
選出年 2005年
選出部門 国際投票
殿堂表彰者
選出年 2014年
選出部門 プレーヤー
2011年5月9日現在
テンプレートを表示

岡本 綾子(おかもと あやこ、1951年4月2日 - )は、広島県豊田郡安芸津町(現:東広島市)出身、同在住[2]の元女子プロゴルファー[2]。現在はゴルフ指導者。樋口久子らと共に日本女子ゴルフの基盤を築いた名選手である[3][4][5]。日本の女子選手で初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦した選手としても知られる。

日本女子ゴルフツアーで44勝、アメリカLPGAツアーで17勝[6][7]。日本ツアーの永久シード権を獲得しているほか、1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった[6][8][9]

  1. ^ 第24回フジサンケイレディスクラシック 1番ホール 岡本綾子のテイーショット(2005年4月23日撮影)
  2. ^ a b 東広島PR大使 - 東広島市公式ホームページ
  3. ^ 人間の記録 193巻 岡本綾子 | 日本図書センター
  4. ^ 2005/12/ 6 岡本綾子が日本人3人目のゴルフ殿堂入り。 - GDO Back9
  5. ^ 岡本綾子×山田久志 対談 ~情熱を取り戻せる『ミズノ EIII』でゴルフ寿命が長くなる!?~佐藤彰雄の一喜一憂 先駆者の勇気を感じていたい
  6. ^ a b 世界ゴルフ殿堂(英語)
  7. ^ 岡本 綾子 | 日本プロゴルフ殿堂
  8. ^ LPGAの歴史|LPGA|日本女子プロゴルフ協会殿堂コラム 第12回日本女子プロゴルフ選手権(1979年) | 日本プロゴルフ殿堂
  9. ^ 樺山紘一他編集『人物20世紀』、講談社、1998年、p925
[ 前のページに戻る ]