宇沢弘文 うざわ ひろふみ

学術

掲載時肩書東京大学名誉教授
掲載期間2002/03/01〜2002/03/31
出身地鳥取県
生年月日1928/07/21
掲載回数30 回
執筆時年齢74 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一中、 一高
入社特別研究生
配偶者牧師娘
主な仕事経済学=人間(自動車、医療、教育、環境へ)
恩師・恩人古谷、館竜一郎、アロー
人脈上田・不破兄弟、米国、英国、ロシア、下村治、シュルツ長官、李登輝、
備考
追悼

氏は9月18日86歳で亡くなった。「履歴書」に登場したのは2002年3月であるが、他の経済学者では、小泉信三、高橋誠一郎、東畑誠一、加藤寛、青木昌彦らがある。彼は経済学で世界的に有名でありノーベル賞候補にもなった日本が誇るべき人物だった。彼は得意の数学を活かして60年代、数理経済学の分野で数多くの先駆的な業績をあげた。そして、スタンフォード大・助教授、シカゴ大・教授などを歴任した。

氏は、経済が成長するメカニズムを研究する経済成長論の分野で、従来の単純なモデルを、消費財と投資財の2部門で構成する洗練されたモデルに改良した。この理論の適用範囲を広げて、研究テーマを排ガス公害の自動車、社会資本である医療・教育、水俣病などの環境問題などに取り組んだユニークな学者だった。

この原点を「履歴書」には、次のように書いている。
「私は経済学者として半世紀を生きてきた。そして、本来は人間の幸せに貢献するはずの経済学が、実はマイナスの役割しか果たしてこなかったのではないかと思うに至り、愕然とした。経済学は、人間を考えるところから始めなければいけない。そう確信するようになった」と。

宇沢 弘文
Hirofumi Uzawa
生誕 (1928-07-21) 1928年7月21日
鳥取県米子市
死没 (2014-09-18) 2014年9月18日(86歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
研究機関 (機関)スタンフォード大学
カリフォルニア大学バークレー校
シカゴ大学
東京大学
中央大学
同志社大学
研究分野 数理経済学
母校 東京大学学士
スタンフォード大学
東北大学博士
博士課程
指導学生
デイヴィッド・キャス[1]
Harl Ryder
カール・シェル
ミゲル・シドロスキー
影響を
受けた人物
河上肇
ケネス・アロー
論敵 ミルトン・フリードマン
影響を
与えた人物
浅子和美
吉川洋
小川喜弘
清滝信宏
松島斉
宮川努[2]
小島寛之
石川経夫
岩井克人[3]
ジョージ・アカロフ
ジョセフ・E・スティグリッツ[3]
実績 二部門成長モデル
宇沢コンディション
社会的共通資本
受賞 吉野作造賞1971年
毎日出版文化賞1974年
文化功労者1983年
日本学士院会員1989年
米国科学アカデミー客員会員(1995年
文化勲章1997年
ブループラネット賞(2009年)
Econometric Society Fellow(終身)
テンプレートを表示

宇沢(宇澤) 弘文(うざわ ひろふみ、1928年昭和3年)7月21日 - 2014年平成26年)9月18日[4])は、日本経済学者。専門は数理経済学東京大学名誉教授。意思決定理論、二部門成長モデル、不均衡動学理論などで功績を認められた。従三位

1983年文化功労者[4]、1989年日本学士院会員、1995年米国科学アカデミー客員会員、1997年文化勲章[4]、2009年ブループラネット賞Econometric SocietyのFellow(終身)[5]。1976年から1977年までEconometric Society会長[6]

浅子和美吉川洋小川喜弘清滝信宏松島斉宮川努[2]小島寛之岩井克人[3]らは東京大学の宇沢ゼミ出身。デイヴィッド・キャス[1]カール・シェルミゲル・シドロスキーらは博士課程指導学生。ジョセフ・E・スティグリッツ[3]ジョージ・アカロフらは、シカゴ大学時代、宇沢の授業を受けたことがある。数学者の宇澤達は長男[7]

  1. ^ a b Spear, Stephen E.; Wright, Randall (December 1998). “Interview with David Cass”. Macroeconomic Dynamics (Cambridge University Press) 2 (4): 533-558. doi:10.1017/S1365100598009080. http://econ.tepper.cmu.edu/econ/cass_interview.pdf 2008年4月17日閲覧。. 
  2. ^ a b 経済学者の宇沢弘文さん 死去 Archived 2014年9月29日, at the Wayback Machine.NHKニュース(2014年9月26日)
  3. ^ a b c d 故宇沢弘文氏、公害など社会問題批判 多分野に「門下生」日本経済新聞』2014年9月26日(2019年12月16日閲覧)
  4. ^ a b c “経済学者の宇沢弘文氏死去 理論経済第一人者、環境でも活動”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年9月26日). オリジナルの2014年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140927211403/http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092601001371.html 2014年9月26日閲覧。 
  5. ^ Econometric Society Fellows, January 2015”. 2015年8月23日閲覧。
  6. ^ Past Presidents”. 2015年8月23日閲覧。
  7. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「Zinmeiroku_p84」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
[ 前のページに戻る ]