大来佐武郎 おおきた さぶろう

行政・司法

掲載時肩書海外経済協力基金総裁
掲載期間1976/07/26〜1976/08/23
出身地中国満州
生年月日1914/11/03
掲載回数29 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社逓信省
配偶者梶井剛娘
主な仕事昭和塾入会、興亜院、塩と大豆 、経済再建、経済白書、
恩師
人脈松前重義、河合良一、根津嘉一郎、大平正芳
備考
大来佐武郎
おおきた さぶろう
生年月日 1914年11月3日
出生地 関東州大連市
(現・中国遼寧省
没年月日 (1993-02-09) 1993年2月9日(78歳没)
出身校 東京帝国大学工学部電気工学科
名古屋大学大学院経済学研究科
前職 逓信省官僚
外務省官僚
経済企画庁官僚
海外経済協力基金総裁
国際大学学長
総合研究開発機構研究評議会議長
所属政党新自由クラブ→)
無所属
称号 経済学博士(名古屋大学)
正三位
勲一等旭日大綬章
1971年度マグサイサイ賞
1993年度インディラ・ガンディー賞

日本の旗 第108代外務大臣
内閣 第2次大平内閣
在任期間 1979年11月9日 - 1980年7月17日
テンプレートを表示

大来 佐武郎(おおきた さぶろう、1914年11月3日1993年2月9日)は、日本外交官経企庁官庁エコノミスト

第二次世界大戦後の日本を代表する国際派のエコノミストであり、外務大臣第108代)や総合研究開発機構研究評議会議長を務めた。

[ 前のページに戻る ]