中村鴈治郎 三代目(坂田藤十郎) なかむら がんじろう

映画演劇

掲載時肩書歌舞伎俳優
掲載期間2005/01/01〜2005/01/31
出身地京都府
生年月日1931/12/31
掲載回数30 回
執筆時年齢73 歳
最終学歴
専門学校
学歴その他
入社6歳6月6日
配偶者扇千景
主な仕事松竹、扇雀、武智歌舞伎、義太夫・能・ 踊り、東宝歌舞伎、松竹戻り、近松座(近松専門)、
恩師武智鉄二、川口松太郎
人脈長谷川一夫(父妹婿)、小林一三、川口夫妻(仲人)、31会(牛尾、前田、富士子)、大谷松太郎、佐治敬三、ドナルド・キーン
備考成駒屋、妹玉緒
追悼

氏は‘20年11月12日に88歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は’05年1月で15年前73歳のときでした。この「履歴書」歴史64年間で親子2代の登場は10組(石井光次郎(政治家)・好子(音楽家)、井植歳男・敏(三洋電機)、河竹繁俊・登志夫(演劇)、河野一郎・洋平(政治家)、五島慶太・昇(東急グループ)、中村鴈治郎二代目(歌舞伎)・鴈治郎三代目(坂田藤十郎)、細川護貞(細川藩主17代当主)・護熙(政治家)、諸橋徹次(学者)・晋六(三菱商事)、野村万蔵・萬(狂言師)、谷口吉郎・吉生(建築家)もあるが、夫婦での登場は初めてです。

1.藤十郎襲名の狙い
初日の「履歴書」に三代目中村鴈治郎よりも坂田藤十郎襲名に意欲を燃やした心境を次のように書いている。
藤十郎の名跡は三代目が安永3年(1774)に没して以来、途絶えていた。私はかねて江戸歌舞伎と上方歌舞伎の両方が隆盛になることが、歌舞伎の本当の意味での隆盛だと考えている。江戸歌舞伎には「市川團十郎」というシンボル的な名前があるのに、上方歌舞伎の方には残念ながらない。しかし、元禄時代、同じ時期に上方には「坂田藤十郎」がいた。
 だから私が藤十郎を襲名したいというのは、藤十郎の芸に憧れてではなく、上方歌舞伎と江戸歌舞伎の両方が栄えることで、それが江戸歌舞伎のためにもなるという信念からである。歌舞伎の理想の形をつくるためにもなるという信念からである。

2.できちゃった婚
妻の扇千景と東宝映画「海の小扇太」「男の花道」(昭和31年)で共演・相手役をして急に親しくなった。初めてのデートは小林一三先生がよくお使いになっている六甲山ホテルでごはんを食べた。それから恋愛関係が続き、仲間内では公然の秘密だった。
 当時、川口松太郎・三益愛子ご夫妻を「パパ」「ママ」と呼び親しくさせていただいていたので、子供ができたというと、川口さんは「結婚するのが当たり前だ。そうでないと、うちの三益みたいになるぞ」と言われた。
 その時分、婚約発表をする習慣はなかった。我々は川口さんのお宅で婚約発表をしたので、これも世の中の走りと言えるが「できちゃった婚」でも我々が走りだ。

3.扇千景さんの「履歴書」には (カンコ(寛子)の愛称)
扇雀は「カンコを伊勢志摩観光ホテルに連れて行きたいんだ」と言った。声にはいつもと違う響きがあった。男が女を旅に誘うことの意味は分かっている。「遊びではないな」と思った。ここがダメになって、六甲山ホテルは小林一三先生専用のVIPルームになった。扇雀は「いろいろな女性を見てきた。でも自分から誘ったのはあなたが初めてです」という。私はその言葉を信じた。こうして私たちは昭和31年(1956)の秋に結ばれた。

Wikipediaに情報がありません。
[ 前のページに戻る ]