中嶋常幸 なかじま つねゆき

スポーツ

掲載時肩書プロゴルファー
掲載期間2019/07/01〜2019/07/31
出身地群馬県
生年月日1954/10/20
掲載回数30 回
執筆時年齢64 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他
入社プロゴルファー
配偶者
主な仕事masters,全英、全米、全米プロにtop10、1日3千発、キカイダー、サイボーグ、日本7冠、ジュニア教育、
恩師父親
人脈パーマー、ニクラス、セベ、羽川、倉本、青木、尾崎、
備考父スパルタ
論評

プロゴルファーでこの「履歴書」に登場したのは、宮本留吉(1983)、ジャック・ニクラス(2006)、青木功(2010)、岡本綾子(2013)、トム・ワトソン(2014)、樋口久子(2016)に次いで中嶋が7番目である。

日本ゴルフ界のビッグスリーは、青木功、尾崎将司、中嶋常幸の頭文字AONで有名であるが、日本プロツアー選手権優勝では、尾崎(94)、青木(51)、中嶋(48)である。また、世界ゴルフ殿堂にも青木、尾崎、樋口、岡本は入っているが中嶋は入っていない。それではなぜ選ばれたのだろうか?この4人にはないものだとすると、2007年から2011年まで若手精鋭プロの育成を目的としたジャパンゴルフツアーチャレンジトーナメント「静ヒルズトミーカップ」を開催したこと。2012年にはジュニアゴルファー育成のために『ヒルズゴルフ トミーアカデミー』を設立し、彼自身がグリップ、アドレス、テークバックなどゴルフの基本を徹底的に繰り返し教えた。そしてそこから2期生の蛭田みな美選手が14年の日本女子アマで、15年には山口すず夏選手が全米オープンに出場、16,17年には畑岡奈紗選手が日本女子オープンを2年連続優勝する実績となった。この運営には知人ら30名余りの「サポータークラブ」の人に年間10万円を出してもらっているというが、これらの運営方法と実績がすばらしい。

私(吉田)が興味を持ったのは彼の肉体の衰え対処2つ。①20代と30代の体は違う。スイングで股関節に体重がうまく乗らなくなった。スイングがずれる。股関節がスムーズに動かないからしわ寄せで上半身に負担がかかり、肩甲骨もうまく動かなくなる。股関節と肩甲骨の強化法、②ゴルフ道具の変化で、メタルドライバーをパーシモンの感覚で手首を使ってクラブをしならせて打つと、ボールが右にスパーンと出る。リストワークがいらないメタルの打ち方が分からなかった。メタル・チタン時代の到来により、セベ・バレステロスなど淘汰された選手は少なくないと書いてあった。

TransparentPlaceholder.svg 中嶋 常幸 Golf pictogram.svg
Tsuneyuki“Tommy”Nakajima
基本情報
名前 中嶋 常幸
生年月日 (1954-10-20) 1954年10月20日(66歳)
身長 180 cm (5 ft 11 in)
体重 80 kg (176 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
経歴
プロ勝利数 55
日本ツアー 48 (歴代3位)
他ツアー 7
メジャー選手権最高成績
マスターズ 8位タイ: 1986
PGA選手権 3位: 1988
全米オープン 9位タイ: 1987
全英オープン 8位タイ: 1986
成績
初優勝 1976年ゴルフダイジェストトーナメント
賞金王 1982年1983年1985年1986年
世界ランク最高位 4位(日本人歴代2位)
賞金ランク最高位 日本男子:1位(4回)
殿堂表彰者
選出年 2019年
選出部門 プレーヤー
2019年1月24日現在
テンプレートを表示

中嶋 常幸(なかじま つねゆき、本名及び旧登録名:中島 常幸(読み同じ)、1954年10月20日 - )は、群馬県出身のプロゴルファーバプテスト派クリスチャン。愛称は「トミー」。

ライバルの青木功尾崎将司(ジャンボ)とともに日本男子プロゴルフ界を代表する名選手で、3人の姓を合わせて「AON時代」を築いた。日本ゴルフツアー通算48勝は歴代3位である。

[ 前のページに戻る ]