長嶋茂雄 ながしま しげお

スポーツ

掲載時肩書読売巨人軍終身名誉監督
掲載期間2007/07/01〜2007/07/31
出身地千葉県
生年月日1936/02/20
掲載回数
執筆時年齢71 歳
最終学歴
立教大学
学歴その他
入社巨人
配偶者コンパ ニオン
主な仕事プロ1年4番・3割、天覧試合・ON1号、叱られ役、V9,監督解任、再登場
恩師砂押監督
人脈本屋敷・杉浦、金田5三振、王、村山 、瀬島隆三、原・松井、
備考
論評

5日に国民栄誉賞に長嶋茂雄氏と松井秀樹氏が輝いた。私には長嶋氏は当然だと思うが、松井氏の受賞は疑問符が付く。イチローや野茂英雄、金田正一など優れた業績の人がいるからだ。国民栄誉賞には既に王貞治氏や衣笠祥雄氏がいるが日経「私の履歴書」には登場していない。この「履歴書」には近年、稲尾和久(2001年7月)、野村克也(2005年6月)、長嶋(2007年7月)、吉田義男(2008年6月)、広岡達朗(2010年8月)の5人がいる。どの登場人物も長嶋の「天才ぶりと動物的感の男」を紹介している。

稲尾は長嶋対決で次のように書いている。
「相手が感性で来るなら、こちらももう理屈はやめだ。感性で勝負するしかない。0勝3敗で迎えた1958年の日本シリーズ第4戦。長嶋封じに、いちかばちか奥の手を使うしかなかった。ノーサインで投げるのだ。瞬間芸の勝負。こちらがモーションを起こすとさすがの長嶋さんにも微妙な気配が生じる。踏み込んで来たら、テークバックで握りを変え、スライダーからシュートに、あるいはコースを切り替える。引っ張りにかかる気配がしたら、その瞬間さっと外に逃げるのだ。この感性勝負で長嶋さんに勝った。三飛」。これで3連敗から4連勝になりシリーズ制覇となった記録すべき転換点だった。

また、野村は打者から怖れられた「魔の囁き作戦」(心理かく乱戦法)で次のように書いている。「日本シリーズやオールスターで対戦した巨人の王は、人がいいから話しかけると答えが返ってくる。だが、まったく会話にならなかったのが長嶋だ。「チョーさん、最近銀座に出てるの」と尋ねても、「このピッチャどお?」と違うことを聞いてくる。一球投げると「いい球なげるねぇ」。ささやきが全く通じない。つくづく人間離れしている、と感じたものだ」。

しかし、長嶋はマスコミに「長嶋は野球の天才である。動物的感の男だ」と書かれて、いわゆる長嶋像として定着したが、「私は、天才肌でもなんでもない。夜中の一時、二時に苦闘してバットを振っている。自分との技への血みどろの格闘を一人で必死にやっていた」述懐している。 それでも、「絶好調の時は、怖いものなし。どんな球でもいらっしゃい。インコースだろうがアウトコースだろうが、この状態になると「来た球を打つ」だけ。私が「来た」と思えば、それは私のストライクゾ-ンとなる。悪球打ちいうが、敬遠ボールやウエストボールをホームランにしたり逆転打にしたのも、マイゾーンに入ってくるからだ。そんな時、投げた球がソフトボールぐらいに見えて打てない気がしなかった」とも書いている。勝負時にはめっぽう強く、他人の悪口を言わない長嶋はやっぱり今でもみんなのヒーローだ。

「彼がジャイアンツ監督を辞任する」発表はテレビ・ラジオ・新聞で大々的に取り上げられた。当日夜のテレビ・ラジオは勿論のこと翌日の新聞、日本経済新聞の「春秋」欄にまで登場したのには驚いた。それほど好感を持たれていた証拠なのでしょう。阪神ファンの私も彼の憎めない性格には好感を持っていました。
9/29の上記「春秋」欄には彼のエピソードを紹介していました。
1.新人の年、ベースを踏み忘れホームランを1本損をした。
2.監督時代、代打を告げるときバントの仕草をして相手チームに見破られた。
3.大学時代、英語時間「I live in Tokyo」を過去形に直しなさいと言われて
しばらく考えた結果、長嶋青年は「I live in Edo」と答えた。

その他、私自身も「ホームランを打ってスキップアップしながら生還する姿」や「暴球である高めのボールをホームランし、頭あたりの球を打った」と笑いながら生還している姿などはユーモアがあってみんなを楽しませたものでした。きっと読売(日本)テレビの徳光アナウンサーは当分の間、長嶋エピソードを放送し続けることでしょう。

「長嶋さんは太陽」だが「私は月見草」と野村監督はそう比較表現しました。同年齢で輝かしい球界業績を残している二人ですが、人気では比べようがありません。私は野村監督が好きですので、長嶋さんが去った後、花を咲かせてほしいと念じています。早くもう一度「六甲おろし」を歌いたいなぁ。

長嶋 茂雄
Rikkyo University-10.jpg
明治神宮野球場、2017年6月11日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県印旛郡臼井町(現・佐倉市
生年月日 (1936-02-20) 1936年2月20日(85歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1958年
初出場 1958年4月5日
最終出場 1974年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1972 - 1980, 1993 - 2001)
  • 日本代表 (2003 - 2004)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1988年
選出方法 競技者表彰

長嶋 茂雄(長島 茂雄[注 1]、ながしま しげお、1936年昭和11年〉2月20日 - ) は、千葉県印旛郡臼井町(現・佐倉市)出身の元プロ野球選手内野手)・プロ野球監督読売ジャイアンツ(巨人)終身名誉監督日本プロ野球名球会顧問。ジャイアンツアカデミー名誉校長。

2001年より株式会社よみうり(現・株式会社読売巨人軍)専務取締役終身名誉監督[1]。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

愛称は「ミスタージャイアンツ」「ミスタープロ野球」「ミスター」「チョーさん」「燃える男」他。血液型はB型[2]

巨人軍4番出場試合数最多記録保持者。国民栄誉賞受賞者。

長きにわたり巨人の4番打者として活躍した。同時代に活躍した王貞治とはともに「ON砲」として称され、2人のバッティングは巨人のV9に貢献した。日本のプロ野球において400本塁打・2,000安打の同時達成は大卒では史上初である。NPB最多記録となる最多安打を10回獲得、セ・リーグ最多記録となる首位打者を6回獲得。大舞台やチャンスに比類なき勝負強さを有していた。

週刊ベースボール』1959年1月14日号の表紙を飾る長嶋茂雄


引用エラー: 「注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

  1. ^ 読売巨人軍公式サイト”. www.giants.jp. 2021年1月23日閲覧。
  2. ^ プロ野球オーナーズリーグ長嶋茂雄2012第2弾:第10弾レジェンド)
[ 前のページに戻る ]