重久吉弘 しげひさ よしひろ

建設・不動産

掲載時肩書日揮グループ代表
掲載期間2015/02/01〜2015/02/28
出身地宮崎県
生年月日1933/11/18
掲載回数27 回
執筆時年齢82 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他
入社田安商事
配偶者下宿娘
主な仕事日本揮発油、韓国、南米3job、indnesia、 中東、speak up,
恩師篠田治 男社長
人脈稲盛、中村天風哲学、小池百合子、 根本二郎、
備考
論評

重久氏は日本工営、千代田化工など同業のプラント企業としては、日本工営の久保田豊に続いて2番目の登場人物となる。氏は日揮グループをプラント企業とはいわずにエンジニアリング会社だと説明している。エンジニアリングとは、「設計する」「設備をつくる」「建設する」「プロジェクトを管理する」ことで、一口で表現すれば「相手国の役に立つ施設を、多国籍にわたる多数の人や企業を使ってまとめ上げ、十分に完成させることである」とだという。

プロジェクトの中身は、油・ガス田の生産設備から石油精製、石油化学、液化天然ガス(LPG)などのプラント、原子力関係、医薬品工場、医療施設など幅広い。近年は造水・発電、資源開発、環境・新エネルギー、都市開発などインフラ関係の事業も始めている。これらの事業は途上国に限らず全世界で非常にニーズの高いものであるため、日揮グループ全体が大きく伸びているし、日本政府も今後進むべき方向として全面支援しようとしている事業だと思う。

しかし、ビジネスの舞台はグローバルに広がっており、各国の人材を採用してプロジェクトに取り組んでいるとリスクと隣り合わせとなる。2013年1月には日揮のプラントでアルジェリア人質事件が発生し、イスラム武装勢力による銃撃で人質23名が死亡した。うち日本人10名、他は外国従業員であった。今の中東情勢を考えると、今後もこのリスクは増え続けることだろう。氏は、中村天風先生を尊敬しており、心と体を積極化させる哲学「心身統一法」の信奉者であることが分かり、天風会員である私はうれしかった。

しげひさ よしひろ
重久 吉弘
生誕 (1933-11-18) 1933年11月18日(87歳)
日本の旗 日本 宮崎県宮崎市
出身校慶應義塾大学文学部
職業実業家
受賞藍綬褒章
旭日重光章

重久 吉弘(しげひさ よしひろ、1933年昭和8年)11月18日[1] - )は、日本の実業家。日揮名誉顧問。日揮元代表取締役社長・会長・日揮グループ代表・相談役旭日重光章受章。

  1. ^ 有価証券報告書(第112期) (PDF)”. 日揮 (2008年). 2017年3月26日閲覧。
[ 前のページに戻る ]