豊田章一郎 とよだ しょういちろう

輸送用機器・手段

掲載時肩書トヨタ名誉会長
掲載期間2014/04/01〜2014/04/30
出身地愛知県
生年月日1925/02/27
掲載回数29 回
執筆時年齢89 歳
最終学歴
名古屋大学
学歴その他一高  東北大学工学部
入社トヨタ
配偶者三井当 主3女
主な仕事父・喜一郎、英二(父従兄弟)、元町工場、製販合併、ソアラ(白洲)、経団連、万博、
恩師石田退三 ・英二
人脈盛田昭夫、神谷、加藤、平岩、
備考母:高島屋娘
論評

日経の記者から何度も執筆要請をされながら断り続けていた財界大物がついに登場した。トヨタの社長、会長を経て経団連会長、愛知万博会長、日中投資促進機構会長など要職を歴任した豊田章一郎氏である。今まで断ってきた理由は、元経団連会長の平岩外四氏が書かなかったためであり、そして昨年9月に100歳で亡くなった叔父の豊田英二氏もこの「履歴書」に半分まで脱稿していたがボツになったトヨタ歴史をいま彼が書いておかないと、次のトヨタ人が書きにくいと思ったからと。

同じように優れた経営者がその企業の功績を書かないと後輩は書きにくい。その代表例が日本興業銀行の中山素平氏であった。中山氏が執筆しなかったため、同銀行からは誰も「履歴書」を書く事ができなかった。トヨタ関係者の登場は、石田退三、神谷正太郎、加藤誠之、豊田英二、に続いて5人目であり、同じく5人の登場は野村證券(奥村綱雄、瀬川美能留、北裏喜一郎、田淵節也、寺沢芳男)の2社だけである。

豊田佐吉の長男(父親)の喜一郎氏、その次男・達郎氏、佐吉の弟の次男・英二氏も東大であり、喜一郎長男の章一郎氏も旧制第一高等学校に入学し、戦争のため名古屋大学、東北大学大学院で学んだと書いてあるから秀才一族である。トヨタのものづくり理念やその取り組みは、前回の英二氏が「履歴書」に書いてあるので感動は薄かったが、経団連会長、愛知万博会長としての財界活動は器の大きさを感じさせてくれた。

とよだ しょういちろう
豊田 章一郎
Shoichiro Toyoda cropped 3 Shoichiro Toyoda wins Woodrow Wilson Award.jpg
生誕 (1925-02-27) 1925年2月27日(96歳)
日本の旗 愛知県名古屋市
国籍日本の旗 日本
出身校名古屋大学工学部機械工学科卒業
職業トヨタ自動車名誉会長
配偶者豊田博子
子供豊田章男長男
豊田喜一郎
親戚豊田佐吉祖父
飯田新七(祖父)
三井高寛義祖父
三井高棟義祖父
三井高公義伯父
豊田利三郎義叔父
豊田英二従叔父
豊田達郎
豊田達也
斉藤滋与史義弟
豊田周平再従弟
藤本進娘婿
鮎川弥一再従兄
栄誉桐花大綬章
大英帝国勲章
レジオンドヌール勲章
ドイツ連邦共和国功労勲章
他多数

豊田 章一郞(とよだ しょういちろう、1925年〈大正14年〉2月27日 - )は、日本実業家技術者勲等桐花大綬章学位工学博士名古屋大学1955年)。トヨタ自動車株式会社名誉会長日本経済団体連合会名誉会長、学校法人海陽学園理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事

トヨタ自動車販売代表取締役社長(第4代)、トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(初代)、経済団体連合会会長(第8代)、学校法人トヨタ名古屋整備学園理事長(初代)、学校法人トヨタ神戸整備学園理事長(初代)、東和不動産取締役会長、デンソー取締役などを歴任した。

[ 前のページに戻る ]