豊田章一郎 とよだ しょういちろう

輸送用機器・手段

掲載時肩書トヨタ名誉会長
掲載期間2014/04/01〜2014/04/30
出身地愛知県
生年月日1925/02/27
掲載回数29 回
執筆時年齢89 歳
最終学歴
名古屋大学
学歴その他一高  東北大学工学部
入社トヨタ
配偶者三井当主3女
主な仕事父・喜一郎、英二(父従兄弟)、元町工場、製販合併、ソアラ(白洲)、レクサス、豊田中央研究所(発明クラブ)、経団連会長、愛知万博、
恩師・恩人石田退三 、豊田英二
人脈盛田昭夫、神谷正太郎、加藤誠之、平岩外四、山本重信、橋本凝胤、
備考母:高島屋娘
論評

日経の記者から何度も執筆要請をされながら断り続けていた財界大物がついに登場した。トヨタ関係者の登場は、石田退三神谷正太郎加藤誠之豊田英二、に続いて章一郎氏は5人目であり、同じく5人の登場は野村證券(奥村綱雄瀬川美能留北裏喜一郎田淵節也寺澤芳男)の2社だけである。
豊田佐吉の長男(父親)の喜一郎氏、その次男・達郎氏、佐吉・次男の長男・英二氏も東大であり、喜一郎長男の章一郎氏も旧制第一高等学校に入学し、戦争のため名古屋大学、東北大学大学院で学んだと書いてあるから秀才一族である。トヨタのものづくり理念やその取り組みは、前回の英二氏が「履歴書」に書いてあるので感動は薄かったが、経団連会長、愛知万博会長としての財界活動は器の大きさを感じさせてくれた。

1.今まで執筆を断ってきた理由
これは、尊敬する元経団連会長の平岩外四氏が書かなかったためであり、そして昨年9月に100歳で亡くなった従兄弟の豊田英二氏もこの「履歴書」に半分まで脱稿していたがボツになったトヨタ歴史をいま自分が書いておかないと、次のトヨタ人が書きにくいと思ったからだと。
この理由を私(吉田)には納得できます。優れた経営者がその企業や事業の足跡を書かないと後輩は書きにくい。その代表例が日本興業銀行の中山素平氏であった。中山氏が執筆しなかったため、同銀行からは誰も「履歴書」を書く事ができなかったからである。

2.創業の精神を引き継ぐ
今日のトヨタ自動車とトヨタグループは、私の祖父・豊田佐吉の織機の発明に始まる。佐吉は貧しかった日本を豊かにしようと、織機の発明に一生をささげた。幾多の失敗にもめげず、レンガを一つひとつ積み上げていくような努力を重ねた。そして、息子の豊田喜一郎や部下たちは力を合わせて、大正末期にG型自動織機を完成させた。
 この織機の特許を当時世界一と言われた英国の繊維機械メーカー、プラットブラザーズ社に10万ポンドで譲渡した。英国のサイエンス・ミュージアムに、ワットの蒸気機関など世界の産業史を担った数々の機械と共に10数年前からG型自動織機が恒久展示されている。私が訪問した時、ガチャガチャと動く音を聞いてたくさんの人が集まって来ていた。社会のお役に立ち世界で認められた織機を眺めながら、祖父や父の志や心が改めて偲ばれ、感慨ひとしおのものがあった。

3.工販合併
1981年6月に自動車工業の副社長から、山本定蔵社長の後任として自動車販売の社長に就任した。自販育ての親で「販売の神様」と言われた神谷正太郎さんは半年前に他界し、自販の社内や販売店からは、工販分離のままで本当に良いのかという声も多く聞かれた。
 意思決定の迅速化、人材の有効活用、資金など経営資源の効率的な投入ができる体制づくりが肝要となる。工販両トップは、その最善方策が両社の合併であるとの共通認識に立ち、82年7月1日に合併が実現し、新生のトヨタ自動車がスタートした。その日に開かれた最初の取締役会で、私は新生トヨタの初代社長に選ばれ、豊田英二会長とともに会社のかじ取りを託された。

4.米の車産業発展に貢献(良き企業市民に)
1986年、米国とカナダに現地法人トヨタ・モーター・マニュファクチュアリング(TMM、現ケンタッキー工場)とトヨタ・モーター・マニュファクチュアリング・カナダ(TMMC)を設立し、両社の初代社長には当初からプロジェクトを主導した副社長の楠兼敬さんが就いた。
 88年、TMMで「カムリ」、TMMCで「カローラ」の生産を開始し、生産台数も順調に伸びたが、事業に加え、我々が目指したのは現地の経済や社会の発展に貢献し、良き企業市民としての役割をしっかり果たすことだった。
 92年には「トヨタ生産方式」を推進する生産調査室が中心となって、ケンタッキーに部品会社を支援するトヨタ・サプライヤ―・サポートセンター(TSSC)を設立した。私の息子・豊田章男(現社長)もしばらくここで働いた。トヨタの社員は地域社会に早く溶け込みたいと日本人でかたまらず、隣に現地の人が住む家を選ぶようにした。TMMの2代目社長、張富士夫さん(現トヨタ名誉会長)は、自宅にカラオケルームを設けて社内外の多くの米国人を招き、友情を育んだ。ケンタッキーは米国音楽の父、フォスターのゆかりの地。「マイ・オールド・ケンタッキー・ホーム」を張さんが英語で歌い、皆が声を合わせて盛り上がった。

5.教育に力を入れる
祖父・豊田佐吉のように、コツコツと自分の腕と知恵で発明考案の出来る人材を育てるのが、氏の夢だった。そのため、豊田工業大学、ものづくり大学、中高一貫の海陽学園などを設立し、支援した。

とよだ しょういちろう
豊田 章一郎
Shoichiro Toyoda cropped 3 Shoichiro Toyoda wins Woodrow Wilson Award.jpg
2007年4月撮影
生誕 (1925-02-27) 1925年2月27日(97歳)
日本の旗 愛知県名古屋市
国籍日本の旗 日本
出身校名古屋大学工学部機械工学科卒業
職業トヨタ自動車名誉会長
配偶者豊田博子
子供豊田章男長男)、藤本厚子(長女)
豊田喜一郎(父)
親戚豊田佐吉祖父
飯田新七(祖父)
三井高寛義祖父
三井高棟義祖父
三井高公義伯父
豊田利三郎義叔父
豊田英二従叔父
豊田達郎
豊田達也
斉藤滋与史義弟
豊田周平再従弟
藤本進娘婿
鮎川弥一再従兄
栄誉JPN Toka-sho blank BAR.svg 桐花大綬章
大英帝国勲章
レジオンドヌール勲章
ドイツ連邦共和国功労勲章
他多数

豊田 章一郞(とよだ しょういちろう、1925年大正14年〉2月27日 - )は、日本実業家技術者勲等桐花大綬章。学位は、工学博士名古屋大学1955年)。トヨタ自動車株式会社名誉会長日本経済団体連合会名誉会長、学校法人海陽学園理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事。

トヨタ自動車販売代表取締役社長(第4代)、トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(初代)、経済団体連合会会長(第8代)、学校法人トヨタ名古屋整備学園理事長(初代)、学校法人トヨタ神戸整備学園理事長(初代)、東和不動産取締役会長、デンソー取締役などを歴任した。

[ 前のページに戻る ]