谷口吉生 たにぐち よしお

建築

掲載時肩書建築家
掲載期間2017/06/01〜2017/06/30
出身地東京都
生年月日1937/10/17
掲載回数
執筆時年齢79 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他米国ハーバード大学デザイン科
入社東大大学院
配偶者KG45卒
主な仕事土門拳記念、葛西臨海水族園、猪熊、東山、慶應義塾、法隆寺宝物館、NY近代美術館、鈴木大拙、京都国立博物館、銀座SIX,ホテルオークラ、
恩師丹下健三教授
人脈清家清、磯崎新、槇文彦、イサムノグチ、猪熊弦一郎、三宅一生、
備考祖父、父も建築家
論評

氏は、この「履歴書」に登場した建築家、谷口吉郎、丹下健三、磯崎新、安藤忠雄に次いで5人目である。それも父親の吉郎と親子での登場である。 父親は、43年前の1974年2月に70歳で登場し、慶應幼稚舎、ホテルオークラ、東京国立博物館東洋館などを手掛け、猪熊弦一郎、イサムノグチ、丹下健三などとの親交が息子・吉生に大きなプラスになっていた。
と言っても、氏は慶應工学部(機械工学科)を卒業し、ハーバードの建築科(GSD)に行き、帰国して東大の大学院に入り丹下健三教授の指導を受けた最高の建築学を学んでいる。ハーバードは建築のデザインを重視した。日本では建築学科の多くが工学部に組み込まれ、地震や災害への対応で強い建物や町を築くことが「国策」だった。しかし、ここは建築デザインの専門家を育てることが目的だ。構造や設備、歴史の授業もデザインを支えるものとして、模型などを使い視覚的に理解させる方法だった。例えば、「学校」の設計課題なら、学校はどうあるべきかという考え方や教育方針を小論文にまとめる。最後に出来上がる図面や模型は造形の出来不出来に加えて、その思想性との一貫性で評価されたという。この教育は、デザイン、プレゼンテーション、審査を繰り返して実務を学ぶのだった。
土門拳記念館、慶應義塾の建物は父親が関与したこともあり、イサムノグチの協力も得て完成させる。その建築にはイサム氏の「彫刻家は彫刻そのものを作っているのではない。彫刻を置くことで【場所】を【空間】へと変える」思想を取り入れている。また、葛西臨海水族園、法隆寺宝物館、NY近代美術館、京都国立博物館「平成知新館」、ホテルオークラ、GINZA SIXなどの建築設計もすべてその建物の歴史、携わった人の思い、自然環境、社会環境との調和を考え、丁寧に完成までの思索を説明してくれている。氏の基本は模型を通して建築を考える。模型作りは3次元のスケッチのようなもので、作っては壊し、また作ることで立体的な建築への思考が研ぎ澄まされるという。建築は工学と美学の結晶であり、大勢の人とともに作り上げる芸術であるという考えは説得力のある記述でした。

谷口吉生
生誕 (1937-10-17) 1937年10月17日(83歳)
東京都
国籍日本の旗 日本
出身校慶應義塾大学工学部
ハーバード大学デザイン大学院
職業建築家
谷口吉郎
受賞日本建築学会賞作品賞(1984、01年)
吉田五十八賞(1984年)
村野藤吾賞(1994年)
高松宮殿下記念世界文化賞建築部門(2005年)
所属 (株)谷口建築設計研究所
建築物 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・丸亀市立図書館
東京国立博物館法隆寺宝物館
ニューヨーク近代美術館新館
葛西臨海水族園
豊田市美術館
法隆寺宝物館

谷口 吉生(たにぐち よしお、1937年10月17日 - )は日本建築家一級建築士日本芸術院会員。東京藝術大学客員教授。日本建築学会賞作品賞2度、吉田五十八賞高松宮殿下記念世界文化賞など多数受賞。

[ 前のページに戻る ]