草笛光子 くさぶえ みつこ

映画演劇

掲載時肩書女優
掲載期間2018/01/01〜2018/01/31
出身地神奈川県
生年月日1933/10/01
掲載回数30 回
執筆時年齢84 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他横浜第一高女
入社松竹少女歌劇SKD
配偶者芥川也寸志
主な仕事東宝musical、光子の窓、ラ・マンチャの男、王様と私、一人舞台、
恩師菊田一夫、朝倉 摂
人脈森繁久彌、越路吹雪、永六輔、岩城宏之、黛敏郎、市川染五郎、森岩雄、市川崑、富沢幸男、三谷幸喜、
備考体力づくり留意
論評

この「履歴書」登場の女優では、東山千栄子、杉村春子、水谷八重子、田中絹代、天津乙女、長門美保、春日野八千代、ミヤコ蝶々、山本富士子、(山口淑子)、宮城まり子、森光子、(扇千景)、香川京子、有馬稲子、佐久間良子、浅丘ルリ子に次いで、彼女が18番目になる。宝塚歌劇からは4人(天津乙女、春日野八千代、扇千景、有馬稲子)もいるが、彼女の松竹歌劇団(SKD)からは彼女一人である。

このSKDには水の江滝子、川路龍子、小月冴子、淡路恵子、倍賞千恵子など有名人を輩出しているのだが・・。彼女は日本ミュージカル界のパイオニアでもあり、数々の大作に出演した。「ラ・マンチャの男」「王様と私」「私はシャーリー・ヴァレンタイン」などで芸術祭賞を3度受賞している。その彼女が、ミュージカルの醍醐味を「歌と踊りとお芝居を体の中で結婚させることだ」と言っている。

彼女の文章で気になったのは、恩師の一人・菊田一夫とのやりとりである。
「いま、台本を書いているんだよ。君の役もあるからね」と先生から言われたことがあった。どんな役なんだろう、と期待して待ち、しばらくして様子をうかがいに行くと、「ごめん、君の役、なくなちゃったよ」と言われ、食事をご馳走していただいて、その話はそれっきり。また、「いま、テレビ用にミュージカルを書いてるんだけどね」と言われ、「出られません」と応えると「干すからな」と仰った。その後、先生から連絡がなく、ひと月たったころ、「飯でも食うか?」と電話があり、「そろそろいいだろう?」と仰る。何がいいのかよく判らなかった、私は「はい」と答え、それで元通りとなった。

映画は監督、テレビは脚本、演劇は役者で良しあしが決まると言われる。その理由は、映画は監督が絶対の権限を持ち、役者は言いなりに動くしかない。テレビは資金も時間も限られ、最初の脚本が出来不出来を左右する。しかし、演劇では仮に監督や脚本がダメでも、役者に力と華があれば観客全員を魅了してしまう。生の舞台にはそんな魔法があると脚本・演劇家の成井豊氏が解説している。彼女は映画やテレビにも出演しているが、舞台女優としての存在感がある。いかに舞台上で輝く素質があるにせよ、脚本家であり、演出家の菊田一夫の考え方一つで配役はきまってしまう。上記のやり取り「君の役もあるからな」、出ないなら「干すからな」は、セクハラであり、パワハラである。良い役を貰うために女優は、監督や演出家に媚を売り、すり寄ることになるのだろう。彼女はこの関係を深くは描写していないが、芸能界の人間関係を改めて認識させてくれた。

美女と才女
草笛光子
くさぶえ みつこ
草笛 光子
草笛 光子
本名 栗田 光子(くりた みつこ)
生年月日 (1933-10-22) 1933年10月22日(87歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市神奈川区
身長 158 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1952年 - 現在
配偶者 芥川也寸志1960年 - 1962年
著名な家族 妹(富田恵子
弟(富田直幹)
事務所 草琇舎
主な作品
テレビドラマ
繭子ひとり
ありがとう
必殺シリーズ
熱中時代
渡る世間は鬼ばかり
真田丸
その女、ジルバ
映画
社長シリーズ
犬神家の一族
悪魔の手毬唄
沈まぬ太陽
バラエティ番組
光子の窓
テンプレートを表示

草笛 光子(くさぶえ みつこ、1933年10月22日 - )は、日本女優。本名、栗田 光子(くりた みつこ。出生姓は富田)。

神奈川県横浜市神奈川区出身。草琇舎(そうしゅうしゃ)[1]所属。オスカープロモーションと業務提携している。

神奈川県立横浜平沼高等学校卒業(49期[1])。妹は富田恵子。弟は占い師(気学師)の富田直幹。作曲家の芥川也寸志は元夫。

  1. ^ 草笛光子「扉を開けて」神奈川県立横浜平沼高等学校創立百周年記念実行委員会・歴史編纂部会編『創立百周年記念誌 同窓会編 (真澄会編) 花たちばな―卒業生一世紀の証言』神奈川県立横浜平沼高等学校、2000年10月28日 発行、256~258頁。
[ 前のページに戻る ]