船村徹 ふなむら とおる

芸術

掲載時肩書作曲家
掲載期間2002/05/01〜2002/05/31
出身地栃木県
生年月日1932/06/12
掲載回数
執筆時年齢70 歳
最終学歴
東京音楽大学
学歴その他県立今市高
入社キャバレー
配偶者歌手作詞家娘
主な仕事キング、「別れの一本杉」、コロンビア、 ムスタキ、演歌巡礼、刑務所慰問、
恩師高野公男
人脈三橋美智也、春日八郎、星野哲郎、村田 英雄、ひばり、北島三郎
備考
追悼

氏は’17年2月16日84歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は2002年5月で69歳の時であった。作曲家としては、山田耕筰、古賀政男、服部良一、吉田正、団伊玖磨、船村徹、遠藤実、小椋佳だから8人の一人である。
氏は1932年栃木県生まれ。東洋音楽学校(現・東京音楽大学)ピアノ科卒。大学在学時に、作詞家の高野公男と組み作曲の活動を開始した。2歳年上の高野とともに、バンド・リーダーのほか、流しの歌手なども経験する。高野から「東京に出てきた人間はいつか故郷を思い出す。お前は栃木弁で作曲しろ。おれは茨城弁で詞を書く」と激励される。 1953年、雑誌「平凡」のコンクール曲に応募したところ、一等になり「たそがれのあの人」がレコード化され、作曲家としてデビューする。しかし、キングレコードから次の作曲依頼が来てレコーディングする際、彼の慢心から楽団員とトラブルを起こし、会社から出入り禁止措置となる。音楽の世に出る舞台を自ら閉ざしたため、仕方なく二人はピアノなど楽器を売り払い、「東京楽団」を結成し、バンドマンや歌手、役者を揃えて地方公演に行く。しかし、興行師に騙されたり、観客も不入りだったため、ギャラが払えず、やむなく解散。惨めな結末のとなった。
こんな失意の時代だったが、お互い「いつか地方の時代が来る」の夢を信じて苦難に耐えた。しばらくすると出入り禁止措置も解け、三橋美智也の「ご機嫌さんよ達者かね」を高野が作詞し、彼が作曲でレコード化された。これがヒットして二人の音楽界への道が開かれたのだった。二人の名前を不動のものにした本格的な作品は、1955年、春日八郎が歌った「別れの一本杉」で空前の大ヒットとなった。その後も、彼は亡くなった高野と約束の望郷の歌「男の友情」、「あの娘が泣いている波止場」、「柿の木坂の家」、「早く帰ってコ」など大ヒットを連発する。「王将」(歌・村田英雄)は戦後初のミリオンセラーを記録し、戦後歌謡界を代表する作曲家の一人となった。
船村の代表曲のひとつ『矢切の渡し』は元々ちあきなおみに提供した楽曲だったが、細川たかしが歌ったものがヒットし、第25回日本レコード大賞を受賞した。しかし、船村は細川盤のほうがヒットしたことに対して「大複雑」と発言し、「ちあきの歌は(楽曲のイメージの)手漕ぎの櫓で、細川の歌はモーター付の船だ。」という評価を下していたのが、私には大変印象に残っている。

苦労雨が美しい虹に
失意のどん底 夢があれば
船村 徹
Hiroo Fukuda cropped 1 Hiroo Fukuda 201611.png
文化勲章受章に際して
公表された肖像写真船村徹
基本情報
出生名 福田 博郎(ふくだ ひろお)
生誕 (1932-06-12) 1932年6月12日
出身地 日本の旗 日本 栃木県塩谷郡塩谷町
死没 (2017-02-16) 2017年2月16日(84歳没)
学歴 東洋音楽学校卒業
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 作曲家歌手
活動期間 1955年 - 2017年
レーベル キングレコード1955年 - 1956年
コロムビアレコード(1956年 - 1978年
共同作業者 高野公男

船村 徹(ふなむら とおる、1932年昭和7年〉6月12日 - 2017年平成29年〉2月16日[1])は、日本作曲家歌手日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問。横綱審議委員会委員。本名は福田 博郎(ふくだ ひろお)。戦後歌謡界を代表する作曲家の一人であり、手掛けた曲は5000曲以上にのぼる。歌謡曲の作曲家として初めて文化勲章を受章した。

船村徹記念館
  1. ^ 訃報 船村徹さん84歳=作曲家、文化勲章受章 毎日新聞 2017年2月17日付
[ 前のページに戻る ]