石橋政嗣 いしばし まさつぐ

政治

掲載時肩書元日本社会党委員長
掲載期間1998/09/01〜1998/09/30
出身地台湾
生年月日1924/10/06
掲載回数30 回
執筆時年齢74 歳
最終学歴
陸軍士官学校
学歴その他台北高商
入社進駐軍組合
配偶者職場結婚
主な仕事県議、衆議員、非武装中立論、党内抗争 、成田―石橋、小選挙区反対、
恩師
人脈大平正芳、福永健司、田中角栄、
備考勲一等旭 日大綬章
追悼

氏が‘19年12月9日に95歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は1998年9月74歳の時であった。社会党(民社党含む)からの登場者は、鈴木茂三郎、浅沼稲次郎、西尾末広、片山哲、河上丈太郎、江田三郎、三宅正一、春日一幸、佐々木更三、佐々木良作、勝間田清一、土井たか子、村山富市に次いで14番目であった。

氏は熊本県の陸軍士官学校を経て、終戦後、長崎佐世保市で米軍基地従業員として働いた。雇用不安のうわさから労働組合を結成して書記長に就任し、51年に社会党から同県議選に出馬し当選する。55年の衆議院選で、30歳の若さで初当選した。60年の「安保国会」では、後に社会党委員長となる飛鳥田一雄氏らとともに論陣を張り「安保5人男」と呼ばれた。党内では総務局長、国際局長、書記長、副委員長を歴任して、政策、財務、党務の3重要部署をこなし、理論家として自民党に対峙した。

氏は、妻や子にも特権意識を持たないように求め、百の説法よりも効果のある方法を実行した。それは住んでいたアパートは風呂がなく、社会党書記長時代の末期までの30年間、銭湯かよいを続けていたのだった。そして、敗戦直後から半世紀、仕事一途に生き、碁、将棋、玉突きなどは学生時代にやったきり。麻雀、ゴルフ、パチンコ、カラオケはすべて縁なしといった生活だったと書いている。村山富市氏も自身の清貧生活を書いていたが、清く、正しく、逞しく生きられたのだなぁと感心した。

石橋政嗣
いしばし まさし
Masashi Ishibashi.jpg
日本社会党中央本部機関紙局『月刊社会党』第127号(1967)より
生年月日 (1924-10-06) 1924年10月6日
出生地 大日本帝国の旗 台湾台北州宜蘭郡宜蘭街
(現・中華民国の旗 台湾宜蘭県
没年月日 (2019-12-09) 2019年12月9日(95歳没)
死没地 日本の旗 日本福岡県福岡市
出身校 台北高等商業学校(現・中華民国の旗台湾大学)
前職 佐世保地区労働組合会議議長
所属政党日本社会党→)
左派社会党→)
日本社会党
称号 衆議院永年在職議員

選挙区 旧長崎2区
当選回数 12回
在任期間 1955年2月28日 - 1990年1月24日

在任期間 1983年9月7日 - 1986年9月8日
テンプレートを表示

石橋 政嗣(いしばし まさし、1924年10月6日 - 2019年12月9日)は、日本政治家。全駐労出身。日本社会党書記長・副委員長・委員長を歴任した。台湾出身。

[ 前のページに戻る ]