石川六郎 いしかわ ろくろう

建設・不動産

掲載時肩書鹿島名誉会長
掲載期間2002/07/01〜2002/07/31
出身地東京都
生年月日1925/11/05
掲載回数
執筆時年齢77 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他成蹊高
入社運輸省
配偶者鹿島二女
主な仕事現場見習、助役、鹿島、経営企画、原発 建設、JC会長、霞ヶ関、国技館、日商会頭
恩師
人脈長女(渥美健夫)昭一、三女(平泉渉),牧田、木川田、土光、曽野、栃錦、五島昇
備考算数世界一
苦労雨が美しい虹に
虚弱体質 克己心

石川 六郎(いしかわ ろくろう、1925年大正14年)11月5日 - 2005年平成17年)12月14日)は、日本実業家鹿島名誉会長、日本商工会議所第15代会頭。妻・ヨシ子は鹿島の第4代社長・鹿島守之助の娘。父は石川一郎初代経団連会長。

学位工学博士(東京大学)。称号は日本商工会議所・東京商工会議所名誉会頭。その他の役職として日本卓球協会第7代名誉会長日本を守る国民会議顧問、日本会議顧問を務めた。

  1. ^ 徳富蘇峰記念館公式HP>人物一覧>石川六郎[1](2021年7月3日現在セキュリティ保護なし)
[ 前のページに戻る ]