生江義男 なまえ よしお

学術

掲載時肩書桐朋学園理事長
掲載期間1988/12/01〜1988/12/31
出身地宮城県
生年月日1917/03/02
掲載回数
執筆時年齢71 歳
最終学歴
筑波大学
学歴その他東京師範高
入社中学教諭
配偶者
主な仕事入隊・中国、桐朋学園(陸・海将校子 女学校)、10周年で音楽科、のち演劇科も、
恩師花井重次
人脈山下亀三郎(寄付・生み親)、江戸英雄、斎藤秀雄、井口基成、千田是也、野口晴哉、
備考

生江 義男(なまえ よしお、1917年3月2日 - 1991年4月28日)は、日本の教育者、専門は比較文化論。元学校法人桐朋学園理事長。子に三井ホーム社長や桐朋学園同窓会長を務めた生江隆之がいる[1]

宮城県石巻市生まれ。石巻中学校(現宮城県石巻高等学校)、東京高等師範学校卒、1941年病のため東京文理科大学史学科を中退[2](のち53年卒業)。1941年石巻中学校教諭、43年応召して中国に渡る。1948年桐朋学園に勤務し、桐朋女子部教務・事務主任、1960年桐朋幼稚園桐朋小学校桐朋女子中学校・高等学校の専任校長となり、通信簿廃止・入学時の筆記試験廃止など個性重視の教育を実践した。1951年音楽科を併設して、小沢征爾らの人材を輩出させた。1962年桐朋学園大学教授兼任、桐朋学園短期大学学長、86年理事長[3]。日本私学研究所所長。

  1. ^ 創設50周年記念パーティーのご報告桐朋学園演劇科同窓会
  2. ^ 石巻wiki
  3. ^ 20世紀日本人名大事典
[ 前のページに戻る ]