流政之 ながれ まさゆき

芸術

掲載時肩書彫刻家
掲載期間1987/08/01〜1987/08/31
出身地長崎県
生年月日1923/02/14
掲載回数31 回
執筆時年齢64 歳
最終学歴
立命館大学
学歴その他
入社海軍飛行予備22歳
配偶者
主な仕事鹿島神流剣道、広島シャモジ、庭師、 NY・stone/crazy、各地彫刻
恩師歯切れ良い名文
人脈隅谷正峯(刀剣)、酒を女と人情、 村田省蔵、今里広記、
備考父:中川小十郎
追悼

氏は’18年7月7日95歳で亡くなられた。この「履歴書」登場は1987年8月で64歳のときであった。氏の父親は立命館大学の総長でもあった中川小十郎で、西園寺公望内閣の書記官長を務め、「西園寺の懐刀」と呼ばれていたと書いている。この「履歴書」に登場する彫刻家は他に朝倉文夫、北村声望、佐藤忠良、飯田義国の5人である。

氏は自称「放浪無頼」と書き、初日の書き出しを、1.生年:大正12年長崎生まれ、2.住所:不定なるも四国の庵治にスタジオを構え、3.声:ドスのきいた低音、4.目つき:ギラギラと鋭く、しばしば警官に不審尋問される、から始まり「食」と「恋」の人生、履歴書無用、彫刻家、定職と思えずとべらんめえ口調で綴る異色な人物であった。

しかし、世界各地を放浪、独学で彫刻を学ぶ。1964年にニューヨーク世界博覧会で壁画「ストーンクレージー」(日本から2500個、600tの石を運んだ。)を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターのシンボルとして約250トンの巨大彫刻『雲の砦』をつくり国際的評価を得る。日本国内にも多くの有名作品を残している。また、彫刻家として活躍するかたわら、庭園の作品も残す。代表作に東京天理教館庭園、皆生温泉東光園庭園などがある。

そして最終稿には、こんな捨てセリフを残している。「作家は芸者で画商は置き屋。芸者は整うたお座敷、あでやかな衣装にくるんで、ちょっと手に届きにくい格式が美しく見せ、人に夢を与える。それだけに直接、喫茶店に呼びだしゃ安かろうと、くずれた洋装で会っても、みもふたもない。作家とておなじこと。置き屋の画商はより高く、より上等に見せるのが極意」だと歯に衣を着せぬ辛らつな言葉だった。

流政之

流 政之(ながれ まさゆき、1923年2月14日[1] - 2018年7月7日[2])は、日本の彫刻家作庭家

  1. ^ 流政之について”. 2018年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月12日閲覧。
  2. ^ “彫刻家・流政之さん死去 NY貿易ビル前に彫刻「雲の砦」”. 産経新聞. (2018年7月17日). オリジナルの2020年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200314142127/https://www.sankei.com/west/news/180717/wst1807170035-n1.html 
[ 前のページに戻る ]