永野重雄 ながの しげお

鉄鋼

掲載時肩書富士製鉄社長
掲載期間1969/01/01〜1969/02/02
出身地島根県
生年月日1900/07/15
掲載回数33 回
執筆時年齢69 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他六高
入社浅野物産
配偶者
主な仕事富士製鋼(渋沢正雄)日本製鉄八幡製鉄所分離(八幡・富士)新日鉄、日商会頭
恩師渋澤正雄
人脈長男護(渋沢正雄同期)桜田武、松永 安左衛門、石田礼助、稲山嘉寛
備考母親教育
人生のヒント
幼児教育 母の参観

永野 重雄(ながの しげお、1900年7月15日 - 1984年5月4日)は日本実業家島根県松江市生まれ、広島県広島市南区出汐育ち。新日本製鐵会長、経済同友会代表幹事日本商工会議所会頭などを歴任した、戦後日本を代表する経済人の一人[1][2][3][4]財界四天王の一人といわれ[5][6][7]、"戦後の財界のドン"ともいわれた[8][9]第六高等学校 - 東京帝国大学法学部政治学科卒業。正三位勲一等旭日桐花大綬章広島市名誉市民[10]

  1. ^ #回想録、12-16頁「中曽根康弘(述)」。
  2. ^ #追想集、186-187頁「田中角栄(述)」。
  3. ^ #生き方、13-14頁。
  4. ^ 偉人列伝 永野重雄- 経済界オンライン「経営の極意は、人間にあり」--松下幸之助×永野重雄その時、偉人たちはどう動いたのか? 新日本製鐵創業者 永野重雄さらば「渋沢資本主義」(19) 永野一族が体現した渋沢資本主義の慧眼と限界 喜文康隆 新潮社『Foresight』堀貞一郎 先生のことば。堀貞一郎 先生の思い出 - IWCJ財団
  5. ^ #戦後秘史、42頁。
  6. ^ #財界昭和史、208-221頁。
  7. ^ 田原総一朗『戦後財界戦国史ー総理を操った男たち』講談社、1986年、10頁。ISBN 4062029278偉人列伝 永野重雄- 経済界オンラインやはり終わった「財界の時代」:喜文康隆 | さらば「渋沢資本主義」(14)辻井 喬「オトす3条件――愚直、尊重、たどたどしさ」page=2創立者 三鬼 陽之助 - 財界WEB
  8. ^ 「永野重雄が遺した肩書六百の中で」『週刊文春』、文藝春秋、1984年5月17日号、 150-153頁。
  9. ^ “近代日本の産業人(17)永野重雄−戦後の財界のドン”. 日刊工業新聞. (2015年10月30日). オリジナルの2015年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2015-1219-1321-46/www.nikkan.co.jp/articles/view/00362855 2015年1月19日閲覧。 
  10. ^ - 広島市名誉市民
[ 前のページに戻る ]