樋口隆康 ひぐち たかやす

学術

掲載時肩書京大名誉教授
掲載期間1998/10/01〜1998/10/31
出身地福岡県
生年月日1919/06/01
掲載回数
執筆時年齢79 歳
最終学歴
京都大学
学歴その他一高
入社大学副手
配偶者医者娘
主な仕事敦煌、バクトリア、バーミヤーン、スワー ト、ペシャワール調査(シルクロードの伝搬と日本文化の源流)、金糸、パルミラ遺跡
恩師梅原末治 水野清一
人脈円城寺次郎、井上靖、司馬遼太郎、陳舜 臣、松本清張、小松左京、江上波夫、
備考三角縁 神獣鏡
追悼

氏は、2日95歳で亡くなった。「履歴書」には平成10年(1998)に79歳で登場した。考古学者としては、日本人は騎馬民族説を唱えた東大名誉教授の江上波夫に次いで2人目である。氏は、57年に日本人考古学者として戦後初めて中国・敦煌の石窟を視察した。また、70年から8年間、京大中央アジア学術調査隊の隊長としてアフガニスタンのバーミヤン遺跡などの調査に当たり、玄奘三蔵が「大唐西域記」に記した東西の大石仏を含め、全石窟を調べた。日本ばかりでなく中央アジア・西アジアやシルクロードの遺跡も発掘調査し、世界的視野から東西の文化交流を解き明かそうとした考古学者だった。
氏はインド調査で英国式の発掘方法を学んだ。日本との違いは、分業システムの徹底だった。発掘は、掘って遺構のある層位(地層の時間的前後関係)を決め、図面を書いて写真を撮るという手順を踏む。日本では考古学者がすべて一人でやっていたが、インドではそれぞれの作業を専門家に任す方式だった。現在では日本でもこの方式なっていると。
氏は京大非常勤講師時代の53年、「卑弥呼の鏡」ともされる三角縁神獣鏡が大量に出土した京都府の古墳を調査し、以後古代の鏡研究の第一人者となった。三角縁神獣鏡には卑弥呼の時代から大和王権の時代にかけてのものとがある。地域別の出土数は黒塚古墳の発掘調査の結果、奈良県が80数面で最多となり、次いで京都府、兵庫県、大阪府と続く。九州や中国地方、関東でも出土しているが畿内が圧倒的に多い。この分布状況は、前方後円墳の分布状況と通じる。これにより、三角縁神獣鏡は邪馬台国から大和王権に引き継がれた鏡であり、分布状況、出土数から考えると邪馬台国大和説を裏付ける有力な資料だと説いている。

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月
樋口 隆康
ひぐち たかやす
人物情報
生誕 (1919-06-01) 1919年6月1日(101歳)
日本の旗 日本福岡県田川郡添田町
死没 (2015-04-02) 2015年4月2日(95歳没)
日本の旗 日本京都府京都市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学文学部
学問
研究分野 考古学
研究機関 京都大学
泉屋博古館
奈良県立橿原考古学研究所
京都府埋蔵文化財調査研究センター
主な業績 ガンダーラの遺跡調査
バーミヤーンの遺跡調査
パルミラの発掘調査
三角縁神獣鏡魏鏡説の提唱
邪馬台国近畿説の提唱
テンプレートを表示

樋口 隆康(ひぐち たかやす、1919年6月1日 - 2015年4月2日)は、日本考古学者。京都大学名誉教授[1]文学博士(京都大学・1962年)。

京都大学文学部教授泉屋博古館館長奈良県立橿原考古学研究所所長、シルクロード学研究センター所長、財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター理事長などを歴任した。

  1. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「nik0402」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
[ 前のページに戻る ]