森繁久彌 もりしげ ひさや

映画演劇

掲載時肩書俳優
掲載期間1979/09/17〜1979/10/14
出身地大阪府
生年月日1913/05/04
掲載回数28 回
執筆時年齢66 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他北野中
入社東宝演劇
配偶者東女大生
主な仕事父:菅沼達吉、学生結婚、古川ロッパ一座、満州NHK、映画、演劇
恩師
人脈佐藤愛子、サトー八ロー、笠置シズ子、野間宏、谷口 千吉、三木のり平
備考不良礼賛 名文
論評

1913年(大正2年)5月4日 – 2009年(平成21年)11月10日)は大阪府生まれ。俳優、声優、歌手、コメディアン(喜劇俳優)、元NHKアナウンサー。昭和の芸能界を代表する国民的俳優の一人であり、映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手・エッセイストなど幅広い分野で活躍した。慈善活動にも尽力し、自身の寄付活動を伴淳三郎らとともにあゆみの箱として法人化している。

1.放蕩生活
大阪から東京の早稲田第一高等学院に入ると、大人の世界に入った感じだった。神楽坂、渋谷、池袋と、ツケが効くのを幸に花柳界にもだんだん明るくなってきた。三味線でザレ唄の一つもうたえるようになり、えらそうに流しの新内につつみ銭を投げて、イッパシの遊び人気どりをやったりしたが、幸いにも当時はオカンジョウが盆暮れなのでついつい遊び過ぎるのだ。
 池袋の芸者はあかし花が6円50銭、渋谷が7円50銭、神楽坂が8円から9円だったように記憶するが、朝飯がついているのがうれしく、朝風呂などに入ると、何となく旦那気取りになり、学校へゆくのが厭になった。ついでに質屋通いも覚え理工科などはとんと忘れて放蕩の月日が流れた。

2.貧乏生活
長兄と次兄と一緒に東京で生活をしていたが、3人とも親の財産をあてに誰一人月給を家へ持って帰るものない道楽もんのようなだらけた毎日が流れていた。しかも、兄弟たちは、それぞれに株に手を出して、あえなく大金を無くすのである。二・二六事件は、国にとっても、私たちにとっても悪夢であった。株の暴落で私の株屋は一瞬にして消えた。
 大久保の二百坪もあった屋敷から逃げるように、半分ぐらいの家に引っ越したが、怠惰と浪費のクセがやまろう筈がなく、誰かが払っているだろうの気安さで過ごした。やがて半年もたつと、出入りの商人たちも黙っていない。その督促・追及の厳しさに耐えかねて、私は母と祖母を芝居見物に出し、その留守に家中のモノを全部タタキ売りしたのだ。
 今にして思えば50本程の掛軸の中には、いいものがウンとあったし、曲物の金蒔絵のある火鉢が二つ一組になって五箱もあったが、書籍もすべてひっくるめて、八百七十円の金を受け取った。その夜は母にも祖母にも泣かれたが、いよいよ差し迫った不運を朝まで話しあった。 そして借金の支払いが済むと原宿に三間の小さな家を借りて、細々と暮らすようになったが、金がないということはこんなにつらく情けないことかと、骨身に沁みて分かった。

3.徴兵検査で芝居経験を生かす
昭和13年(1938)7月、召集令がきた。郷里篠山の山岳部隊の営門をくぐった。そして翌朝身体検査となる。サルマタをおろして、ケツの穴まで丹念に見られ、やがて最後の軍医の前に行ったが、私の3人前の男が、軍医に、「どこか悪いところはないか!」と丁寧に聞かれているので、私もアチコチ悪いところを誇大そうに話そうと考えていたら、私の前が、「私はずっと胃が悪くて」というやいなや、
「誰がお前に悪いところを聞いたか。甲種合格!」と驚くような大声で、ポンとハンコを突かれるのを見て、アッ、これはいかん、もう少しでおれもやられるところだったと、何となく従来虚弱な体質であったという風に見せながら、しかも祖国愛にみなぎる忠心愛国に芝居を切り替えた。
「どうだ、どこか体に異常はないか!」。 「どこも悪くありません」と蚊のなくようにいった。
「ウソを言ってはいかんぞ、お前も困れば軍隊も困るからな」。「お国のために一生懸命ご奉公します」。
「それはいいが、最近病気をしたことはないのか」。「チョッと、耳を手術しただけで大丈夫です」。「耳!耳はいかんぞ、向こうの耳鼻科の所へ行け」。そこに行くと耳の後ろの手術跡を見て、「残念だが、また、治してくるんだな」となり、即刻帰郷となった。

もりしげ ひさや
森繁 久彌
森繁 久彌
1954年(41歳頃)
本名 同じ(旧姓:菅沼)
生年月日 (1913-05-04) 1913年5月4日
没年月日 (2009-11-10) 2009年11月10日(96歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府枚方市上之町[1][2]
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 168cm
血液型 B型
職業 俳優、声優、作曲家、作詞家、歌手、アナウンサー
ジャンル 映画、舞台、テレビドラマ
活動期間 1936年 - 2009年
活動内容 1934年:早稲田大学商学部に入学
1936年:東京宝塚劇場に入社
1939年:NHKに入局
1947年:『女優』で映画初出演
1950年:映画初主演
1962年:森繁劇団を結成
1967年:『屋根の上のヴァイオリン弾き』を帝国劇場で初演
2009年:死去、国民栄誉賞追贈
著名な家族 (父)菅沼達吉
(長男)森繁泉
主な作品
テレビドラマ
七人の孫』シリーズ
あんたがたどこさ』シリーズ
どてかぼちゃ
三男三女婿一匹』シリーズ
熱い嵐
関ヶ原
森繁久彌のおやじは熟年
ガンコおやじに敬礼!
そして戦争が終った
白虎隊
おやじのヒゲ』シリーズ

映画
三等重役』シリーズ
次郎長三国志』シリーズ
夫婦善哉
警察日記
社長シリーズ
駅前シリーズ
新・三等重役』シリーズ
恍惚の人
喜劇 百点満点
小説吉田学校
流転の海
テンプレートを表示

森繁 久彌(もりしげ ひさや、1913年大正2年)5月4日 - 2009年平成21年)11月10日[3])は、日本俳優声優歌手コメディアン喜劇俳優)[4]、元NHKアナウンサー。最晩年はアクターズセブン所属。別表記に森繁久弥。身長168cm[5]血液型B型

昭和の芸能界を代表する国民的俳優の一人であり[6][7]映画テレビ舞台ラジオ・歌唱・エッセイなど幅広い分野で活躍した。早稲田大学を中退後、NHKアナウンサーとして満州国へ赴任。帰国後、舞台やラジオ番組への出演で次第に喜劇俳優として注目され、映画『三等重役』『社長シリーズ』『駅前シリーズ』で人気を博した。人よりワンテンポ早い軽快な演技に特色があり、自然な演技の中に喜劇性を込めることのできるユニークな存在として、後進の俳優にも大きな影響を与えた[7]。また、『夫婦善哉』『警察日記』等の演技が高く評価され、シリアスな役柄もこなした。映画出演総数は約250本を超える。舞台ではミュージカル屋根の上のヴァイオリン弾き』で主演し、上演回数900回・観客動員約165万人の記録を打ちたてた[8]。『知床旅情』の作詞・作曲者であり、歌手としても紅白歌合戦に7年連続で出場している。巧みな語りは「森繁節」と呼ばれるほどに定評があり[6]ラジオ番組日曜名作座』への出演のほか、朗読作品も多い。先に亡くなった俳優たちの弔辞を読む姿でも知られる[7]。慈善事業にも尽力し、自身の寄付活動を伴淳三郎らとともにあゆみの箱として法人化している。著書に自伝『森繁自伝』、エッセイ『品格と色気と哀愁と』など多数。

受賞も数多く、紫綬褒章文化功労者名誉都民、枚方市名誉市民、国民栄誉賞、従三位などのほか、1991年には大衆芸能分野で初となる文化勲章を受章した。

  1. ^ 森繁久弥さんの枚方市葬は来年2月6日 - 日刊スポーツ、2014年12月16日閲覧
  2. ^ 『日本映画俳優全集・男優篇』p.589
  3. ^ “「俳優の森繁久弥さんが死去」”. 朝日新聞13版 (朝日新聞社). (2009年11月10日) 
  4. ^ 2009年11月11日『サンケイスポーツ』21面
  5. ^ 1955年増刊「日本映画大鑑・映画人篇」
  6. ^ a b 国民的俳優の森繁久弥さん96歳老衰で逝く (2009年11月11日)
  7. ^ a b c 新撰 芸能人物事典 明治~平成「森繁久彌」の項
  8. ^ 日本大百科全書「森繁久弥」の項
[ 前のページに戻る ]