森喜朗 もり よしろう

政治

掲載時肩書元首相
掲載期間2012/12/01〜2012/12/31
出身地石川県
生年月日1937/07/14
掲載回数
執筆時年齢75 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他
入社産経新聞
配偶者大学後輩
主な仕事衆議員、青嵐会(中川、渡辺、石原)、3大臣、党3役、首相、IT戦略、政界裏面史、
恩師
人脈雄弁会(西岡、青木、小渕)、海部、藤波 、渡辺恒三、小沢一郎(同期)、
備考代々庄屋
森 喜朗
もり よしろう
Yoshiro Mori 20000405.jpg
内閣広報室より公表された肖像(2000年)
生年月日 (1937-07-14) 1937年7月14日(84歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県能美郡根上町(現・能美市
出身校 早稲田大学第二商学部(現・社会科学部
前職 日本工業新聞従業員
衆議院議員今松治郎秘書
現職 日本ラグビーフットボール協会名誉会長
日本トップリーグ連携機構名誉会長
日本体育協会最高顧問
全国経理教育協会名誉会長
日印協会会長
日本水フォーラム会長[1]
アジア・太平洋水フォーラム会長[1]
(全て無報酬の名誉職
所属政党 自由民主党清和政策研究会→無派閥)
称号 商学士(早稲田大学)
桐花大綬章2017年
配偶者 森智恵子
子女 森祐喜長男
親族 森喜平祖父
森茂喜
岡田直樹

内閣 第1次森内閣
第2次森内閣
第2次森改造内閣(中央省庁再編前)
第2次森改造内閣(中央省庁再編後)
在任期間 2000年4月5日 - 2001年4月26日
天皇 明仁

日本の旗 第105代 文部大臣
内閣 第2次中曽根内閣
在任期間 1983年12月27日 - 1984年11月1日

日本の旗 第62代 建設大臣
内閣 村山改造内閣
在任期間 1995年8月8日 - 1996年1月11日

内閣 宮澤改造内閣
在任期間 1992年12月12日 - 1993年8月9日

選挙区旧石川1区→)
石川2区
当選回数 14回
在任期間 1969年12月28日 - 2012年11月16日

その他の職歴
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第19代 自由民主党総裁
2000年4月5日 - 2001年4月24日
初代 東京オリンピック・パラリンピック競技大会
組織委員会
会長

2016年8月21日 - 2021年2月18日
テンプレートを表示

森 喜朗(もり よしろう、1937年昭和12年〉7月14日 - )は、日本政治家

衆議院議員(14期)、文部大臣第105代)、通商産業大臣第56代)、建設大臣第62代)、内閣総理大臣(第8586代)、自由民主党政務調査会長自由民主党幹事長自由民主党総務会長自由民主党総裁(第19代)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長などを歴任した。

  1. ^ a b 日本水フォーラム会長
[ 前のページに戻る ]