松前重義 まつまえ しげよし

学術

掲載時肩書衆議員・東海大総長
掲載期間1967/08/26〜1967/09/24
出身地熊本県
生年月日1901/10/24
掲載回数30 回
執筆時年齢66 歳
最終学歴
東北大学
学歴その他熊本工業高校
入社逓信省
配偶者医師娘
主な仕事教育研究会、長崎郵便局、ドイツ留学、ケーブル(東京ーハルピン3千km)、逓信院総裁、望星学塾、東海大学
恩師抜山平一教授、内村鑑三、浜田成徳
人脈八木秀次教授、篠原登、梶井剛、米沢滋・小林宏治(塾門弟)、山田勝四郎
備考北海道松前・父の実兄、高松宮の猪苗代湖別邸を英世学園
論評

1901年(明治34年)10月24日 – 1991年(平成3年)8月25日)は熊本県生まれ。官僚・政治家・科学者・教育者・工学博士で、東海大学創立者である。内村鑑三に師事した。逓信省に技官として入省し、無装荷ケーブルなどを発明して通信技術の進歩に貢献した。1937年(昭和12年)11月に「無装荷ケーブルによる長距離通信方式の研究」により東北帝国大学工学博士を授かる。日本社会党衆議院議員で、ソビエト連邦との交流促進に尽力した。戦後すぐに、逓信院総裁(戦前の逓信大臣、のちの郵政大臣)を歴任。

1.内村鑑三先生の聖書研究会が人生を決める
大正14年(1925)に東北大学を卒業して、逓信省に入った。役所は砂漠のように味気ないところだった。人生問題など指導してくれる人は誰もいなかった。同じ下宿の小学校の先生が、新宿・柏木にある内村鑑三先生の聖書研究会を紹介してくださった。
 内村先生の聖書講義は、普通の教会ならイエス・キリストがどうのこうのという話だけで終わるのが常だが、先生の話はそんな狭い視野のものではない。神を論じ、宇宙を論じ、歴史、科学を語るその言葉は、真に該博な先生の知識とスピリットからほとばしるものだった。私は惹きつけられ、そして打たれた。台風に打ちひしがれた稲穂のように、私の心の中にあった一切のけち臭い自己保存の意識は、あとかたもなく叩きのめされた。いままでの心配や悩み事は、帰りにはすっかり拭われて晴れ晴れとした気持ちになるという日曜日が続いて、先生の血となり肉となっていった。
 その頃の南原繁、矢内原忠雄、塚本虎二、藤井武といった人々が熱心に通っていた。先生から受けたいろいろな感化は、思想的、宗教的にも、また教育、政治の面においても、すべて私の土台となり、生命力になったと信じている。

2.大陸から東京への初通話で我が子を救う
左遷されていた長崎郵便局から本省に戻って来たものの、仕事は与えられないまま、東北大学の抜山平一博士の研究になる増幅濾波器の研究をしていた。そしてこれに検波作用を持たせることを発見して増幅濾波検波器の研究を完成した。私はこれを朝鮮海峡の古い海底電信線に利用して、古い海底電信ケーブルで音声周波の多重電信をやり、日本と朝鮮とを電話でつなぐことにも成功した。
 古い原始的なケーブルではあったが増幅器を入れて通話すると、音色が明瞭で相手の言葉がはっきり聞き取れるばかりでなく、肉声に近いものが聞こえる。ドイツ・ピューピン博士の装荷方式よりもはるかに通話の音色が優れているという事実を私たちは確認することができた。私の発明した無装荷ケーブルに対する自信はいよいよ深まった。この時まだ完全ではなかったが、東京とは連絡がつき、次男の重病診断を伝える妻に、信頼する医師への再診を指示することができ、窮地を脱したことは、本当にうれしかった。

3.青年道場「望星学塾」を開設する
私は篠原登氏とともに「無装荷ケーブルによる長距離通信方式の研究」を上梓した。昭和11年(1936)、私はこの研究によって電気学会から表彰され、浅野奨学祝金(千円)が贈られた。この奨学金を記念するために、デンマーク国民高等学校にならって青年道場「望星学塾」をつくった。学生が8人ぐらい寝泊まりできる寄宿舎と、体育館兼講堂兼図書館ができあがった。ここで日曜ごとにキリスト教の礼拝をおこない、週2回にはデンマーク体操、月に一度はかならず公開講演会を開いた。旧制一高の三谷隆正先生が近くに住んでおられたので、講師をしばしばお願いしたものである。
 少数ではあったが、熱心な青年が集まって真剣な集会を続けた。この中から東海大学副理事長で親友の篠原登氏、現電電公社総裁の米沢滋氏、日本電気社長小林宏冶氏らをはじめ、教育界、官界、財界で現在相当の地位にあって活躍している人々を出した。学位をとった人も30数人いる。

松前重義
まつまえしげよし
Matsumae Shigeyoshi.JPG
逓信省工務局長時代
生年月日 1901年10月24日
出生地 日本の旗 日本 熊本県上益城郡嘉島町(旧・大島村)
没年月日 (1991-08-25) 1991年8月25日(89歳没)
出身校 東北帝国大学(現・東北大学
前職 逓信省官僚(工務局長)・逓信院総裁
国際柔道連盟会長
東海大学創立者・理事長・総長
日本対外文化協会会長
所属政党 日本社会党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章(1982年昇叙)
勲一等瑞宝章(1971年)
工学博士
親族 長男・松前達郎
二男・松前紀男
三男・松前仰

選挙区 熊本県第1区
当選回数 6回
在任期間 1952年10月2日 - 1963年10月23日
在任期間 1967年1月30日 - 1969年12月2日
テンプレートを表示

松前 重義(まつまえ しげよし、1901年明治34年)10月24日 - 1991年平成3年)8月25日)は、日本官僚政治家科学者教育者工学博士で、東海大学創立者である。内村鑑三に師事した。日本社会党衆議院議員で、ソビエト連邦との交流促進に尽力した。戦後すぐに、逓信院総裁(戦前の逓信大臣、のちの郵政大臣)を歴任。静岡県静岡市名誉市民[1]

  1. ^ 名誉市民 - 静岡市
[ 前のページに戻る ]