平塚らいてう ひらつか らいてう

団体

掲載時肩書全日本婦人団体名誉会長
掲載期間1967/10/17〜1967/11/10
出身地東京都
生年月日1886/02/10
掲載回数25 回
執筆時年齢81 歳
最終学歴
津田塾大学
学歴その他日本女子大、 二松學舍大学
入社
配偶者画学生5歳下
主な仕事婦人解放と自我の解放・運動、青鞜発刊 、婦人参政権、婦人団体連合会
恩師
人脈高村智恵子(大学)、岡本かの子、野上弥生子、田村俊子、市川房枝、奥むめお、
備考父会計 監査人
美女と才女
平塚らいてう
平塚 らいてう
Raicho Hiratsuka.jpg
平塚 らいてう
誕生 奥村 明(おくむら はる)
1886年2月10日
東京府麹町区三番町(現東京都千代田区三番町)
死没 (1971-05-24) 1971年5月24日(85歳没)
東京都渋谷区千駄ヶ谷
墓地 春秋苑墓地(川崎市)
職業 思想家評論家作家
国籍 日本の旗 日本
代表作 『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝』(1971)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

平塚 らいてう(ひらつか らいちょう、1886年明治19年〉2月10日 - 1971年昭和46年〉5月24日)は、日本思想家評論家作家フェミニスト女性解放運動家。本名は平塚 明(ひらつか はる)。旧姓は奥村(おくむら)。戦後は主に反戦平和運動に参加した。日本女子大学校(現日本女子大学)家政学部卒[1]2005年平成17年)に同大学は平塚らいてう賞を創設した[2]

平塚は、特に、大正から昭和にかけ、婦人参政権等、女性の権利獲得に奔走した活動家の一人として知られる。結局、その実現は、第二次世界大戦後、連合国軍の日本における占領政策実施機関GHQ主導による「日本の戦後改革」を待たざるを得なかった[3]。しかし、1911年明治44年)9月、平塚25歳の時、雑誌「青鞜」を創刊、創刊号に自らが寄せた文章の表題『元始、女性は太陽であった』と書いた。[1]

なお、氏名表記は、漢字で「平塚 雷鳥」と書く場合もあり、さらに「平塚 明子(らいてう)」の表記で評論の俎上に上がることもある[4]。また、1908年明治41年)3月、平塚22歳の時、塩原で、森田草平心中未遂事件(塩原事件)を起こし、自らの名が広く知られると[5]、本名の「平塚 明(はる)」の名で活動するなど、時期によっても平塚の氏名表記は異なる。

  1. ^ a b 日本女子大学 >大学案内 >時代を切り拓く卒業生
  2. ^ 平塚の卒業100年を記念して創設された賞『平塚らいてう賞 - 学校法人 日本女子大学』参照
  3. ^ 「いま敗戦の苦汁とともに、わたくしたち女性の掌上に、参政権が突如として向こうから落ちてきた。まったく他力的に。連合国軍の占領政策の遂行、なんという運命の皮肉だろう。久しく求めてえられなかったものがあたえられたよろこびを、すなおに、朗らかによろこびきれないものが胸にいっぱいつかえていた。」
    岩波文庫 「平塚らいてう評論集」pp.259-276「わたくしの夢は実現したか」(『女性改造』1948年10月号より転載)のp.262より。
  4. ^ 「平塚明子(らいてう)」 長谷川時雨[1]
  5. ^ 「自然主義の高潮 紳士淑女の情死未遂 情夫は文学士、小説家 情婦は女子大学卒業生」と、当時、新聞各紙がスキャンダラスに報道した。[2]
[ 前のページに戻る ]