市村清 いちむら きよし

精密

掲載時肩書理研光学社長
掲載期間1962/02/21〜1962/03/20
出身地佐賀県
生年月日1900/04/04
掲載回数28 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
中央大学
学歴その他佐賀中
入社上海銀行
配偶者医師娘
主な仕事富国生命、理研、感光紙、理研工学、 独房、富国工業、三愛主義、明治記念館
恩師大河内正敏
人脈明治記念館に結婚式場、儲ける(有限) 儲かる(無限)
備考祖父>牛

市村 清(いちむら きよし、1900年4月4日 - 1968年12月16日)は、日本実業家リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者。

人の行く裏に道あり花の山」を座右の銘とし、常識の裏をかくアイディア社長として一世を風靡した。現在も銀座4丁目交差点に建つ、円柱・総ガラス張りの個性的な「三愛ドリームセンター」(1963年完成)も、元々は市村の「お客を動かさず、建物を回して商品の方を動かしてはどうか」との発想に基づくものである。

産業界・学界で功労者を顕彰する市村賞にその名を遺す。

[ 前のページに戻る ]