山岸章 やまぎし あきら

団体

掲載時肩書前連合会長
掲載期間1996/08/01〜1996/08/31
出身地大阪府
生年月日1929/07/18
掲載回数
執筆時年齢67 歳
最終学歴
専門学校
学歴その他逓信講習所
入社郵便局
配偶者見合い
主な仕事全電通(支部役員)、社会党員、スト権スト(富塚・保坂・山岸)、電電改革3法案、連合(総評、同盟、民間連合)
恩師佐伯良治
人脈久保等、国労(富塚)、全逓(保坂尚郎)、全電通(山岸)、矢野絢也、真藤恒、田辺誠
備考特攻隊、
追悼

氏は、’16年4月10日86歳で亡くなった。「履歴書」に1996年8月の登場は67歳のときであった。労働界からは、滝田実(ゼンセン同盟会長)、太田薫(総評議長)、宮田義二(鉄鋼労連会長)に続いて、山岸氏の4名である。

氏は、旧電電公社の労働組合、全電通の委員長を経て1989年11月に総評と同盟が合流して結成した連合の初代会長に就任した。当時800万人だった組合員の組織力を活用し、国鉄労働組合のスト、郵政民営化反対を主導した。また、社会党などの支持団体として存在感を示し、自民党一党支配を打破するため、93年に自民党を離れた小沢一郎氏と連携し、非自民の細川政権樹立に尽力した。

その後の羽田内閣では、小沢(旧自民)、市川雄一(公明)、米沢隆(民社)のトリオ主導で社会党排除となったため、小沢氏と袂を分かった。この間の舞台裏を「履歴書」では詳細に書いている。

山岸 章(やまぎし あきら、1929年昭和4年)7月18日 - 2016年平成28年)4月10日)は、日本労働運動家。勲一等瑞宝章受章。

日本労働組合総連合会初代会長、国際郵便電信電話労働組合連盟(PTTI)会長、情報通信産業労働組合連合会委員長、全国電気通信労働組合(全電通)委員長を歴任した。

[ 前のページに戻る ]