山口誓子 やまぐち せいし

文芸

掲載時肩書歌人
掲載期間1966/08/30〜1966/09/23
出身地京都府
生年月日1901/11/03
掲載回数25 回
執筆時年齢65 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他三高
入社住友本店
配偶者啼魚娘 梅子
主な仕事父母の系図自慢、樺太、川田順、 「天狼」住友重役夫人が弟子
恩師高濱虚子
人脈親戚(時国益夫、長谷川周重)、 山本有三、斉藤茂吉、水原秋桜子
備考外祖父母 に育てられる
1948年

山口 誓子(やまぐち せいし、1901年明治34年)11月3日 - 1994年平成6年)3月26日)は、京都府出身の俳人。本名は新比古(ちかひこ)。

高浜虚子に師事。昭和初期に水原秋桜子高野素十阿波野青畝とともに「ホトトギスの四S」とされたが、のちに同誌を離反した秋桜子に従い「ホトトギス」を離脱。従来の俳句にはなかった都会的な素材、知的・即物的な句風、映画理論に基づく連作俳句の試みなどにより、秋桜子とともに新興俳句運動の指導的存在となる。戦後は「天狼」を主宰し現代俳句を牽引した。

[ 前のページに戻る ]