井深大 いぶか まさる

電機

掲載時肩書ソニー社長
掲載期間1962/12/15〜1962/12/31
出身地栃木県日光
生年月日1908/04/11
掲載回数17 回
執筆時年齢54 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他神戸一中
入社PCL‐photo- chemical-laboratory
配偶者
主な仕事日本測定器、東京通信研究所、 東京通信工業、理科教育資金制度
恩師野村湖堂
人脈野村胡堂(妻ー母同期)、山本 為三郎、植村泰二(甲午郎弟)
備考クリスチャン 、色弱
井深大
Ibuka Masaru.jpg
財界研究社『財界』新年特大号(1964)より
生誕 (1908-04-11) 1908年4月11日
日本の旗 日本 栃木県上都賀郡日光町
死没 (1997-12-19) 1997年12月19日(89歳没)
日本の旗 日本 東京都
国籍日本の旗 日本
教育早稲田大学理工学部
父:井深甫
業績
専門分野 電子工学
成果 ソニーの設立
トリニトロンテレビの開発
受賞歴 勲一等旭日大綬章(1986年)
文化功労者(1989年)
文化勲章(1992年)
勲一等旭日桐花大綬章(1997年追贈)

井深 大(いぶか まさる、1908年明治41年)4月11日 - 1997年平成9年)12月19日)は、日本の弁理士電子技術者、実業家。位階は正三位

盛田昭夫とともにソニーの創業者の一人。

[ 前のページに戻る ]