二上達也 にかみ たつや

囲碁将棋

掲載時肩書日本将棋連盟会長
掲載期間2000/05/01〜2000/05/31
出身地北海道
生年月日1932/01/02
掲載回数
執筆時年齢68 歳
最終学歴
中学校
学歴その他
入社奨励会 8月間了、
配偶者普通恋愛
主な仕事勉強(上段手合い、記録係)、名人戦 (大山)、王将、棋聖3期、詰将棋、
恩師白土誠太郎
人脈渡辺東一師匠、升田3冠、加藤一二三、 中原、羽生入門、内藤国雄、
備考盤寿81歳
追悼

氏は’16年11月1日84歳で亡くなった。将棋界では81歳を9X9の「盤寿」と呼ぶならわしがあり、木村14世名人はきっかり81歳で天寿を全うされたと書いているが氏は3年長生きしたことになる。この「履歴書」に登場は2000年5月で68歳のときであった。また将棋界では、木村義雄、大山康晴、加藤治郎と氏の4人であるが、囲碁界は、7人(橋本宇太郎、瀬越憲作、高川格、坂田栄男、藤沢秀行、林海峰、大竹英雄)である。
氏は第12期王将戦で大山康晴王将を4勝2敗で破って初タイトルを獲得。66年と80年~81年に棋聖を獲得した。名人挑戦は第21期、23期、26期の3回でいずれも大山に敗れた。しかし、居飛車党の攻め将棋で知られ、大山や升田幸三・実力制第四代名人を倒す世代リーダーと期待されていた。氏は升田も大山も対局中に自分の局面が有利な時に、浪花節や軍歌を唄われ、嫌な気がしたと書いている。また、詰将棋作家としても知られ、作品集「将棋魔法陣」などもあるが、氏は棋士にとっての履歴書は棋譜であると考え、自分の使命をいい棋譜を後世に残すことだとも書いている。
え?と思った記述は、「将棋と囲碁は同等」と考えていたのが、昭和50年頃囲碁名人戦を読売新聞から朝日新聞に主催を移した際、契約金が3000万円から1億にあがり、次に今度は読売新聞が新たに「棋聖戦」を創設し1億6000万円の契約金にした。将棋界は「同等」という基本認識で総会にかけ承認を得て、各新聞社に働きかけてこれに成功したと書いていることだった。へぇー、囲碁と将棋の裏面史を見た感じだった。

 二上達也 九段
名前 二上達也
生年月日 (1932-01-02) 1932年1月2日
没年月日 (2016-11-01) 2016年11月1日(84歳没)
プロ入り年月日 1950年4月1日(18歳)
引退年月日 1990年3月31日(58歳)[注 1]
棋士番号 57
出身地 北海道函館市
師匠 渡辺東一名誉九段
段位 九段
戦績
タイトル獲得合計 5期
一般棋戦優勝回数 5回
テンプレートを表示

二上 達也(ふたかみ たつや、1932年昭和7年)1月2日 - 2016年平成28年)11月1日[1][2])は、将棋棋士渡辺東一名誉九段門下で棋士番号は57。タイトル獲得通算5期。1990年引退[3]

1989年から2002年にかけて日本将棋連盟会長を務めた[4]加藤治郎原田泰夫の後任として将棋ペンクラブ名誉会長でもあった。

弟子に羽生善治がいる[注 2]
引用エラー: 「注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

  1. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「sponichi20161104」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  2. ^ 訃報 二上達也九段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2016年11月4日). 2017年8月23日閲覧。
  3. ^ 『将棋年鑑 平成21年版』青野照市編、日本将棋連盟、2008年、521頁。ISBN 978-4-8399-3261-9
  4. ^ 創立・沿革|将棋連盟について|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月23日閲覧。
[ 前のページに戻る ]