美女と才女
若尾文子  
女優
生年月日1933年11月08日

可憐でありながら強烈な情念と内に秘めた激しい気性を表現する演技から、日本映画を代表する正統派美人女優の一人となり、京マチ子、山本富士子と並ぶ大映の看板女優と謳われ、260本以上の映画に主演した。
1963年にデザイナー西館宏幸と結婚したが1969年に離婚した。1983年に黒川紀章と再婚してからは、テレビドラマの出演はやや抑え気味になり、2007年現在は舞台を中心に活躍している

テレビドラマ:『新・平家物語』[1] 『武田信玄』 『徳川慶喜』 『おひさま』
映画:『十代の性典』『赤線地帯』 『妻は告白する』 『女は二度生れる』 『華岡青洲の妻』

わかお あやこ
若尾 文子
若尾 文子
1950年代のポートレート
本名 黒川 文子
生年月日 (1933-11-08) 1933年11月8日(87歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市豊島区(現:東京都豊島区)[1]
出身地 日本の旗 日本・東京府東京市荒川区(現:東京都荒川区)
職業 女優
活動期間 1951年 -
活動内容 映画・テレビドラマ・舞台
配偶者 黒川紀章(死別)[1]
公式サイト http://www.wakaoayako.com/
主な作品
テレビドラマ
新・平家物語[1]
武田信玄
徳川慶喜
映画
十代の性典
赤線地帯[1]
女は二度生れる[1]
テンプレートを表示

若尾 文子(わかお あやこ、本名:黒川 文子、1933年11月8日[1] - )は、日本女優。亡夫は建築家黒川紀章

  1. ^ a b c d e f 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.46.
[ 前のページに戻る ]