美女と才女
白洲正子  
随筆家
生年月日1910年1月07日

薩摩志士で伯爵樺山家に生まれた自らの性質や、その出自を、生涯を通じ強く意識(その事で夫次郎と口論となり張り手をしたことも)した。
幼少期より梅若流の能の舞台にあがり、能に造詣が深く、青山二郎や小林秀雄の薫陶を受け骨董を愛し、日本の美についての随筆を多く著す。梅原龍三郎や、晩年は護立の孫で元首相の細川護熙、河合隼雄や多田富雄等との交友もあった。また名人といわれた能楽師・友枝喜久夫の仕舞の会を自宅で開き、演芸研究者渡辺保も参加していた。 骨董収集家としても著名。収蔵品は武者小路公種の百人一首ほか数々の名品揃いである(愛蔵版「私の百人一首」に所収)。
姉に近藤泰子、夫は白洲次郎。

白洲 正子
Shirasu Masako.jpg
誕生 (1910-01-07) 1910年1月7日
日本の旗 日本 東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区
死没 (1998-12-26) 1998年12月26日(88歳没)
日本の旗 日本 東京都千代田区(日比谷病院)[1]
墓地 心月院(兵庫県三田市)
職業 随筆家
ジャンル 随筆
配偶者 白洲次郎
子供 牧山桂子(長女)
親族 樺山愛輔(父)
樺山資紀(父方の祖父)
川村純義(母方の祖父)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

白洲 正子(しらす まさこ、1910年明治43年)1月7日 - 1998年平成10年)12月26日)は、日本随筆家。 「白正子」は誤記。東奔西走する姿から、「韋駄天お正」とあだ名された。読売文学賞二度受賞。

  1. ^ 国文学研究資料館『国文学年鑑 平成10年』至文堂、2000年、514頁。
[ 前のページに戻る ]