美女と才女
淡島千景  
女優
生年月日1924年2月24日

宝塚在団中は優れた美貌の主演娘役として戦時中・戦後と宝塚歌劇団を支えて、久慈あさみ、南悠子と共に『東京の三羽烏』と呼ばれた。2人の男役から愛される娘役スターとして人気を得る。
松竹に入社し、『てんやわんや』でデビュー。第1回ブルーリボン賞演技賞を受賞。以降、『麦秋』、『本日休診』、『君の名は』などに出演し、松竹の看板女優として活躍。アメリカナイズされた戦後派の女性を演じ、銀幕のアプレガール(戦後派女性)第一号と称される。『自由学校』では、”とんでもハップン”という流行語を生んだ。
1955年には東宝に招かれ『夫婦善哉』(第6回ブルーリボン賞主演女優賞)にぐうたらな男を母性的に見つめる女で共演した森繁久彌との名コンビをみせ、コメディエンヌの魅力も開花させた。戦後日本映画の全盛期を支えた銀幕スターの一人である。
1956年にフリーとなり、以降、各社の映画に出演]。特に東宝では『駅前シリーズ』、『妻として女として』、『白と黒』などに出演し、東宝の看板女優として活躍する。
 映画
『麦秋』[1](1951年 小津安二郎)『にごりえ』(1953年 今井正)『夫婦善哉』[1](1955年 豊田四郎)
『日本橋』(1956年 市川崑)『鰯雲』[1](1958年 成瀬巳喜男)『この子を残して』(1983年 木下惠介)『夏の庭 The Friends』(1994年 相米慎二)『春との旅』(2010年 小林政広)

あわしま ちかげ
淡島 千景
淡島 千景
1952年頃
本名 中川 慶子(なかがわ けいこ)
生年月日 (1924-02-24) 1924年2月24日
没年月日 (2012-02-16) 2012年2月16日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市(現在の東京都[1]
死没地 日本の旗 日本東京都
職業 女優
ジャンル 歌劇演劇劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1939年 - 2012年
配偶者 なし
主な作品
映画
麦秋[1](1951年 小津安二郎
にごりえ』(1953年 今井正
夫婦善哉[1](1955年 豊田四郎
日本橋』(1956年 市川崑
鰯雲[1](1958年 成瀬巳喜男
この子を残して』(1983年 木下惠介
夏の庭 The Friends』(1994年 相米慎二
春との旅』(2010年 小林政広
テンプレートを表示

淡島 千景(あわしま ちかげ、1924年大正13年)2月24日 - 2012年(平成24年)2月16日[1])は、日本女優。本名:中川 慶子(なかがわ けいこ)。愛称は「おけいちゃん」「けいちゃん」(本名の慶子から)。

宝塚歌劇団出身で在籍時は娘役スターとして活躍した[1]宝塚歌劇団29期生。芸名は百人一首源兼昌の「淡路島 かよふ千鳥の なく声に いく夜ね覚めぬ 須磨の関守」から。

弟はSteve Nakagawa名義でアメリカのハンナ・バーベラ・プロダクションやランキン・バス・プロダクションで活躍したアニメーターの中川雄策[2][3]

  1. ^ a b c d e f 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.33.
  2. ^ 森卓也『定本アニメーションのギャグ世界』アスペクト、2009年、pp.60、280、415
  3. ^ アニメージュ編集部編『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、p.162
[ 前のページに戻る ]