美女と才女
森光子  
女優
生年月日1920年5月09日
私の履歴書  掲載日2007年12月01日
執筆時年齢87 歳

1920年(大正9)5月9日 – 2012年(平成24)11月10日 、京都生まれ。
女優、歌手、マルチタレント、司会者。俳優の嵐寛寿郎の従妹である
1961年(昭和36年)、前年の舞台『がしんたれ』で演じた林芙美子役が脇役ながらも高い評価を受け、菊田はこれを発展させる形で『放浪記』の脚本を執筆。森は主役の芙美子役に抜擢される。この年の芸術座10月公演で初演にして8か月のロングランとなり、芸術祭文部大臣賞、テアトロン賞(東京演劇記者会賞)[22] を受賞。以後、生涯通算で2017回を数える森の主演代表作となる

1.菊田一夫先生
「花のれん」に出演する機会をくださった菊田一夫先生があるとき言われた。「君は面白いが、やっぱりワキ(脇役)だな」 「越路吹雪のようにグラマーでもないし、宮城まり子の個性もない。でもワキが良くなければ、いい芝居にならないんだよ」と。1960年(昭和35)10月に開幕した「がしんたれ」は菊田先生の自伝だった。幼くして養子に出された先生は関西で丁稚奉公しながら夜間学校に通い、上京して印刷工になる。詩人を志し、サトウハチローや林芙美子たちと出会った。私はその芙美子役を演じた。
 詩人仲間が集まる店に芙美子が一升瓶を携えてくる。皆ようようと迎える。飲み直すかと出かけて行くときは芙美子を誘わない。未成年の菊田先生と芙美子二人が残され、ご飯をぼそぼそ食べる。「彼女は好かれていなかったんだ」。菊田先生はおっしゃった。本人をよく知るだけに、胸を突き動かされるような会話が見事だった。
 翌年1961年10月、菊田先生は「放浪記」の芙美子役をくださった。デビューして30年、初めての主役は41歳になっていた。

2.恩人と思う3人の母(逆境に救いの手)
昭和24年(1949)の秋、過労が原因で結核に罹った。幼友達の友人医師山口博先生から「このまま仕事を続けたら危ない」と言われ、お母さまがサナトリウムを世話してくださった。先生は結核の特効薬ストレプトマイシンを闇で買ってきて、毎日打ってくださった。「これ高いんでしょう?」 「うん。まぁモルモットやな、あんたは。試しに打っているのだから気にしなくていい」とおっしゃった。
 昭和27年、「エンタツの名探偵」の出演料は確か月に手取りで5400円。伯父の家を出て、無一文で独立してから下宿代が千円ほど、それに衣装代や化粧品代を引いていくと、生活は心もとないばかり。そんな折、茶道裏千家の家元夫人、千嘉代子さんのもとへ挨拶にうかがった。ご子息の千宗室さんが在学中にハワイアンバンドで歌っていたことがきっかけで、20代から可愛がってもらっていた。「なんでもっと早く来なかったの」。嘉代子さんはその場で、「あなたは私の秘書」と宣言した。月7千円の給金が出た。着物や洋服を蔵から出して着させ、時にくださった。そしてお茶席の作法からお客様の案内や料亭への心づけの仕方まで教えてくださった。
 この後、東京に出た孤独な私を支えてくれた石井ふく子さんの母三升延さんもそうだ。延さんは新派の名優伊志井寛さんの夫人だった。小唄を習い、正月のお雑煮をともに食べさせていただいた。実の母親を早くに失った私は代わりに3人の素敵な母と出会うことができた。

3.杉村春子師
私には演技を教えてくれる芝居の師匠はいなかった。映画や舞台を見て私ならこうするのに、と心の中で批判し、人と違う演技をしようと心がけてきた。同じ女優で心から尊敬し、手本とした人は十代からあこがれた杉村春子先生ただ一人。「木瓜の花」などで3度共演できたことは何より幸せな経験だった。杉村先生の舞台を見るときは手の動かし方、しぐさ一つまで見逃さないようにした。947回も出演された「女の一生」は何度も見た。
 84歳で演じられた「女の一生」は忘れられない。最初に少女で出てきた杉村先生は突っ立っていらした。若く見せようと手を使ったりしていたのを全部削ってしまわれた。それでいて、今までより、ずっと少女に見えた。

4.林芙美子役
「幼い頃から幸運の神に突っ放されて生きてきた人間の人生への処し方は、時として、そうでない人には理解できないことがあります」。「放浪記」の初演舞台に菊田先生はそう記された。林芙美子の性格の悪さまでもすべて肯定する思いで先生は脚本を書かれた。
 大詰め、大成した芙美子は親戚や知人の訪問に冷たくあたり、文机で寝入る。初日、5時間の舞台が終わると客席は静まり返った。この芝居で喝さいを期待してはいけないのかしらと思った瞬間、割れるような拍手がきた。
 初演の舞台を実のご主人で画家の林緑敏さんが見て、楽屋に来られた。「机にもたれて寝る姿勢は書生にでも聞きましたか」 「いいえ、自分で考えました」 「確かにあの形でしたよ」。姿勢だけは合格かな、と思った。緑敏さんは芙美子さんの形見だと言って指輪をくださった。
 いつからか、私は「放浪記」をお客様と一緒に作る舞台だと思うようになった。芙美子は男に捨てられても、失敗しても後悔しなかった方だ。私も後悔しない。私は「放浪記」と共に歩み続ける。

もり みつこ
森 光子
森 光子
主婦と生活社『主婦と生活』2月号(1962)より
本名 村上 美津(むらかみ みつ)
生年月日 (1920-05-09) 1920年5月9日
没年月日 (2012-11-10) 2012年11月10日(92歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市[1]
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
血液型 B型[2]
職業 女優
歌手
マルチタレント
司会者
ジャンル 舞台
テレビ番組
日本映画
活動期間 1935年 - 2012年
配偶者 リチャード・ウエムラ(1947年[1]
岡本愛彦[1]1959年 - 1963年
事務所 東宝東宝芸能
⇒ 吉田名保美事務所
⇒ オフィス・モリ
主な作品
テレビドラマ
時間ですよ』シリーズ[1]
天国の父ちゃんこんにちは』シリーズ
じゃがいも』シリーズ
おしろい花
花吹雪はしご一家
せい子宙太郎
敵か?味方か?3対3
熱愛一家・LOVE
なぜか初恋・南風
かくれんぼ
田中丸家御一同様
お玉・幸造夫婦です
映画
川の流れのように
舞台
放浪記[1]
『おもろい女』
アテレコ
もののけ姫
テンプレートを表示

森 光子(もり みつこ、1920年大正9年)5月9日 - 2012年平成24年)11月10日[3])は、日本女優歌手マルチタレント司会者日本俳優連合名誉副会長、第6代日本喜劇人協会会長フジテレビジョン番組審議会名誉顧問[4]国民栄誉賞受賞。栄典従三位勲三等瑞宝章紫綬褒章文化功労者文化勲章東京都名誉都民・京都市市民栄誉賞・京都名誉観光大使[5]

京都府京都市出身。京都府立第一高等女学校(現・京都府立鴨沂高等学校)中退。 俳優の嵐寛寿郎従妹である。長らく「寛寿郎の姪で1923年生まれ」としていたが、1984年紫綬褒章受章にあたり事実を公表し、訂正している。芸名は嵐の母(伯母)から、女優の森静子と伯母の旧姓・森端にちなんで「森」、本名の美津より「光子」とつけられたことによる。

  1. ^ a b c d e 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.32.
  2. ^ “森光子 〜タレント名鑑〜”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (スポーツニッポン新聞社). オリジナルの2014年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006134028/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/ma/morimituko.html 2014年10月4日閲覧。 
  3. ^ “エンタメニュース /森光子さん死去、92歳…放浪記・時間ですよ”. YOMIURI ONLINE. (2012年11月14日). オリジナルの2012年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121116062203/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121114-OYT1T01091.htm 2013年7月16日閲覧。 
  4. ^ 『こちらフジテレビ』 番組審議会名簿”. フジテレビ. 2012年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月14日閲覧。
  5. ^ “京都市長「森さんのご逝去は痛惜の極み」”. SANSPO.COM. (2012年11月14日). オリジナルの2013年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/LyvSM 2013年4月27日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]