美女と才女
扇千景  
前参議院議長
生年月日1933年5月10日
私の履歴書  掲載日2008年4月01日
執筆時年齢74 歳

1933年〈昭和8年〉5月10日 –  兵庫県生まれ。
女優(元宝塚歌劇団娘役)、政治家。建設相、参議院議長、靖国神社崇敬奉賛会会長(第3代)。
夫である4代目坂田藤十郎(本名:林宏太郎)との間に、歌舞伎役者の長男・4代目中村鴈治郎(本名:林智太郎)、次男・3代目中村扇雀(本名:林浩太郎)がいる。夫の妹は女優の中村玉緒である。(できちゃった婚)フジテレビの主婦向けワイドショー『3時のあなた』で司会を4年間担当したほか、富士フイルムの8ミリカメラのCMで「わたしにも写せます」のフレーズが人気を集めたことも有名である。これまでに出演した映画は53作品に上る。

歌舞伎役者の妻から政治家になるまでの経緯も面白い。自民党福田派に所属して大平首相との40日間抗争とその死、離党して新生党に参加、その後小沢一郎氏と行動を共にして新進党を結成したものの、そこを離脱して自由党を結成し、小渕内閣と連立して参画する。連立解消直後に小渕総理の脳梗塞入院となるが、政権内に留まってこそ政策が実現できるとして小沢氏と別れ保守党党首となり、森内閣の建設大臣となる。その後は自民党に復党してついには参議院議長にまで登りつめたのですから、政治家の手腕としても周りから評価されたのでしょう。夫が父親に続いて歌舞伎の人間国宝となり、息子二人も歌舞伎役者として立派に成長しているのですから、妻、母親としても凄い人ですよね。2008/05/05

1.宝塚、最年長で合格
宝塚音楽学校は中学3年生から高校3年生まで受験できる。私は高校卒業だから最年長の合格者となった。ほとんどの受験生は小さいときから宝塚に入りたくて歌やバレエの練習を積んできている。何の準備もせず、手ぶらで受験したのは私だけだった。しかし、昭和27年(1952)5月、入学式が終わって一月が経った頃健康診断があった。レントゲンを撮ってみると肺に影があるという。
すぐに大阪大学病院に入院し、週に1回、脇から針を入れて腹腔鏡に空気を送り、肺を圧迫して治療する人工気胸療法を受けることになった。その日は安静にしていなければならないが、あとの6日は自由に使える。昼、夜用の弁当を2つ持ち声楽は宝塚の竹内、小浜の両先生、バレエは出口先生、日舞は楳本先生と個人レッスンに通った。帰りはいつも終電。阪急御影駅に母がいつも迎えに来てくれた。翌28年4月に復学した。休学していた間、がむしゃらに勉強したおかげで同級生に追いつくどころか、少し追い越したのかもしれない。成績の序列が厳しい宝塚で最上位の「優等生」になった。

2.扇雀との結婚
扇雀は「カンコを伊勢志摩観光ホテルに連れて行きたいんだ」と言った。声にはいつもと違う響きがあった。男が女を旅に誘うことの意味は分かっている。「遊びではないな」と思った。ここがダメになって、六甲山ホテルは小林一三先生専用のVIPルームになった。扇雀は「いろいろな女性を見てきた。でも自分から誘ったのはあなたが初めてです」という。私はその言葉を信じた。こうして私たちは昭和31年(1956)の秋に結ばれた。
しかし、結婚には父親が大反対した。「プロポーズもしました。遊びでも、いい加減な気持ちでもないんです」と深く頭を下げる扇雀に、父親は「銀行の用事で花柳界によく顔を出すから、あなたの噂はよく知っている。神戸の花柳界にも女がいるじゃないか」と問い詰める。両者のミゾは続いた。
この後、未婚のまま妊娠4か月が分かり、東京のパパになってくれている川口松太郎先生に相談した。「女優を続けたいと思いますので、結婚はしません。でも子供は欲しい」と。先生は「カンコ。君は気がついていないだろうが、子供にとって父親の存在がどれほど重要か考えなさい。扇雀君はよく知っている。遊びではないだろう。結婚しなさい」と言われた。そして父親を説得してくれた。
結婚式は昭和33年(1958)10月29日、場所は帝国ホテルだった。川口のパパは媒酌人、料理のメニュー決めから当日の司会まで一人で取り仕切ってくださり、私は祝福されて林宏太郎の妻となった。
熱海から乗った新婚旅行の特急つばめの車中で夫の扇雀は語りだした。それはこれまでの女性遍歴だった。女性の名前が延々と続く。人数が多すぎて覚えきれない。正直なんだなぁと思った。

3.議員に出馬要請
「3時のあなた」の司会者になる前、安倍晋太郎、竹下登、中川一郎といった先生たちに呼ばれて赤坂の料亭でマージャン卓を囲んでいた。何も賭けず、政治の話も出ない楽しい会だった。ところが、昭和47年(1972)に佐藤総理の引退に伴い、田中角栄、福田赳夫の両先生が決選投票になって、福田先生が敗れた。
敗北の夜、成田のホテルで開かれた福田派の会合に呼ばれた。国会議員以外で会場にいたのは私と黛敏郎さんだけだ。私は「総裁選に一度負けたぐらいでなんですか。福田先生、頑張ってください」と言った。女優扇千景は、いつの間にか福田派の応援団のような存在になっていた。総選挙のとき福田派は全国を飛び回るために3機のヘリをチャーターする。一機は福田先生、一機が安倍先生、そしてもう一機が扇千景用だった。
昭和52年(1977)3月、「福田家」の一室。座卓の向こうに福田総理大臣、大平自民党幹事長、竹下登先生、安倍晋太郎先生が居並んでいる。義父母と夫扇雀、私の4人が対座した。大平幹事長が「お宅のお嫁さんを、今度の参院選挙に貸していただきたい」と頭を下げられた。義父が、おもむろに口を開く。「こんなんで良かったら、どうぞ」。明治生まれの義父は、総理大臣を目の前にしてすっかり舞い上がったのだろう。「女でも、選挙、出られまんのんか?」で、一気に座は和んだ。

扇 千景
おおぎ ちかげ
Chikage Ogi 2006.png
扇千景(2006年8月22日、73歳)
生年月日 (1933-05-10) 1933年5月10日(87歳)
出生地 兵庫県神戸市
出身校 宝塚音楽学校
前職 女優
所属政党 (自由民主党→)
新生党→)
新進党→)
自由党→)
保守党→)
保守新党→)
自由民主党
称号 旭日大綬章(女性初)
桐花大綬章(女性初)
大韓民国修交勲章光化章
台湾一等景星勲章
参議院永年在職議員
配偶者 4代目坂田藤十郎
親族 長男4代目中村鴈治郎
次男・3代目中村扇雀
中村虎之介

日本の旗 第26代 参議院議長
在任期間 2004年7月30日 - 2007年7月28日
天皇 明仁

日本の旗 初代-第2代 国土交通大臣
内閣 第2次森改造内閣(中央省庁再編後)
第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
在任期間 2001年1月6日 - 2003年9月22日

内閣 第2次森改造内閣 (中央省庁再編前)
在任期間 2000年12月5日 - 2001年1月6日

日本の旗 第69代 建設大臣
第36代 国土庁長官
内閣 第2次森内閣
第2次森改造内閣(中央省庁再編前)
在任期間 2000年7月4日 - 2001年1月6日

選挙区全国区→)
比例区[1]
当選回数 5回
在任期間 1977年7月11日 - 1989年7月23日
1993年9月 - 2007年7月28日
テンプレートを表示

扇 千景(おおぎ ちかげ、1933年昭和8年〉5月10日 - )は、日本女優(元宝塚歌劇団娘役)、政治家。本名、林 寛子(はやし ひろこ)。旧姓、木村(きむら)。兵庫県神戸市出身。

参議院議員(5期)、科学技術政務次官鈴木善幸改造内閣)、保守党党首(初代)、運輸大臣第78代)、建設大臣第69代)、北海道開発庁長官第72代)、国土庁長官第36代)、国土交通大臣初代第2代)、参議院議長(第26代・女性として初)などを歴任した。靖国神社崇敬奉賛会会長(第3代)。

位階称号旭日大綬章桐花大綬章(女性初)、大韓民国修交勲章光化章台湾一等景星勲章、フランス共和国ボージョレーワイン委員会・フランス食品振興会認定コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士

夫である四代目坂田藤十郎との間に、歌舞伎役者の長男・四代目中村鴈治郎、次男・三代目中村扇雀がいる。夫の妹は女優の中村玉緒である。

  1. ^ 参議院議員通常選挙全国区制は1983年に比例代表制に改定された。比例代表制は当初、厳正拘束名簿式だったが、2001年に非拘束名簿式に改定されている。
[ 前のページに戻る ]