美女と才女
市原悦子  
俳優
生年月日1936年1月24日

俳優座養成所に6期生として入所する。同期に近藤洋介、川口敦子、大山のぶ代、阿部百合子、阿部六郎、佐伯赫哉、山本清がいた。1957年に俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』でデビューする。
私生活では、俳優座養成所の同期の演出家・塩見哲と1961年に結婚。2度の流産などで子宝に恵まれなかったが、おしどり夫婦として知られた。
テレビアニメ:『まんが日本昔ばなし』
テレビドラマ:『翔べ! 必殺うらごろし』『家政婦は見た!』シリーズ『おばさんデカ 桜乙女の事件帖』シリーズ『秀吉』『弁護士高見沢響子』シリーズ『長崎ぶらぶら節』

映画:『黒い雨』 『うなぎ』 『蕨野行』

いちはら えつこ
市原 悦子
市原 悦子
朝日新聞社『文芸朝日』第3巻第4号 (1964) より
本名 塩見 悦子(しおみ えつこ)
生年月日 (1936-01-24) 1936年1月24日
没年月日 (2019-01-12) 2019年1月12日(82歳没)
身長 160 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1957年 - 2019年
活動内容 1957年:俳優座入団
配偶者 塩見哲[1]
所属劇団 俳優座1957年 - 1971年
事務所 ワンダー・プロダクション(最終所属)
主な作品
テレビドラマ
赤い殺意
若さま侍捕物帳
翔べ! 必殺うらごろし
家政婦は見た!』シリーズ
おばさんデカ 桜乙女の事件帖』シリーズ
秀吉
弁護士高見沢響子』シリーズ

映画
黒い雨
うなぎ
蕨野行
アテレコ
まんが日本昔ばなし
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演女優賞
第13回(1990年)『黒い雨
優秀助演女優賞
第21回(1998年)『うなぎ
その他の賞
紀伊國屋演劇賞
第9回(1974年) 個人賞
トロイアの女
テンプレートを表示

市原 悦子(いちはら えつこ、1936年1月24日 - 2019年1月12日[2]、本名:塩見 悦子)は、日本女優千葉県千葉市出身。身長160cm、夫は舞台演出家の塩見哲。

  1. ^ 市原悦子ショック…夫で演出家の塩見哲さん死去、女性自身報じる サンスポ 2014年6月24日
  2. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「sanspo20190113」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
[ 前のページに戻る ]