美女と才女
岸田今日子  
女優・声優・童話作家
生年月日1930年4月29日

父は劇作家で文学座創設者の岸田國士、母は翻訳家の岸田秋子。姉に詩人で童話作家の岸田衿子、従弟に俳優の岸田森がいる。俳優の仲谷昇は元夫。
吉行和子、冨士眞奈美と親友であった[4]。
演技に磨きをかけ、舞台を中心に映画、テレビ、声優と幅広い芸域を持つ。
1963年、杉村春子ら文学座幹部の運営に限界を感じていた芥川比呂志、高木均、小池朝雄、神山繁、山崎努らと共に文学座を脱退。「劇団雲」を経て、1975年には「演劇集団 円」の設立に参加し、『壊れた風景』、『うしろの正面だあれ』、『トラップ・ストリート』など、別役実書き下ろしの大半の作品に出演。その後もテレビ・映画出演と並行して舞台女優としても第一線で活躍していた。近寄りがたい妖艶さを見せる一方、ユーモラスな役もこなす硬軟自在の演技は若い頃から評価が高かった。その存在感から怪優と賞されることもあった。

きしだ きょうこ
岸田 今日子
岸田 今日子
1961年の岸田(右)と今井和子(左)
生年月日 (1930-04-29) 1930年4月29日
没年月日 (2006-12-17) 2006年12月17日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府豊多摩郡(現・東京都杉並区[1]
死没地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
職業 女優声優、童話作家
活動期間 1950年 - 2006年
配偶者 仲谷昇1954年 - 1978年[1]
著名な家族 父:岸田國士
母:岸田秋子
姉:岸田衿子
従弟:岸田森
主な作品
テレビドラマ
男嫌い[1]
傷だらけの天使
大奥
法医学教室の事件ファイル』シリーズ
かりん
御家人斬九郎
徳川慶喜
映画
黒い十人の女
破戒[1]
秋刀魚の味
砂の女[1]
犬神家の一族
利休
八つ墓村
学校の怪談2

アニメ
ムーミン
テンプレートを表示

岸田 今日子(きしだ きょうこ、1930年4月29日 - 2006年12月17日[1])は、日本女優声優、童話作家。血液型はA型。身長156cm。

自由学園高校卒業[1]。父は劇作家文学座創設者の岸田國士[1]、母は翻訳家の岸田秋子[2][3]。姉に詩人で童話作家の岸田衿子、従弟に俳優の岸田森がいる。俳優の仲谷昇は元夫。

吉行和子冨士眞奈美と親友であった[4]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.36.
  2. ^ 鳥取県郷土人物文献データベース--岸田秋子
  3. ^ 岸田秋子の墓
  4. ^ 冨士とは、1962年のテレビドラマ『鏡子の家』で親友役として出演して以来、親友に。吉行とは2度続けて清水邦夫の芝居に一緒に出た後、1984年暮れから1985年初にかけて一緒にインド旅行をして以来の仲。そのインド旅行は、案内人の山際素男が著した本『脳みそカレー味』に描かれている。
[ 前のページに戻る ]