美女と才女
小山明子  
女優
生年月日1935年1月27日

鶴見高等学校卒業後、ファッションショーに出演し『家庭よみうり』のカバーガールになったのがきっかけで、スカウトされて松竹入り。
1955年(昭和30年)に松竹映画『ママ横をむいてて』でデビュー。当時、松竹の助監督だった大島渚と仕事を通じて知り合い1960年(昭和35年)に結婚した。大島からのプロポーズの言葉は「百貨店の物を何でも買ってあげるから」
1996年(平成8年)に夫の大島渚が脳出血で倒れてからは、長時間拘束される女優業から距離を置いて、夫の介護に専念するようになる。
介護疲れと大島プロダクションの職員からの介護に関係した暴言(フジテレビ「カスペ!・芸能界の告白3」で本人告白)を原因とするうつ病を発病するが克服した。

映画:『ママ横をむいてて』/『絞死刑』
テレビドラマ:『世なおし奉行』/『あかんたれ』

こやま あきこ
小山 明子
小山 明子
『朱の花粉』(1960年)より
本名 大島 明子 (おおしま あきこ)
旧姓・臼井
生年月日 (1935-01-27) 1935年1月27日(86歳)
出生地 千葉県
国籍 日本の旗 日本
身長 160cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1955年 -
配偶者 大島渚(1960年 - 2013年死別)[1]
著名な家族 長男:大島武
次男:大島新
主な作品
映画
『ママ横をむいてて』/『絞死刑[1]
テレビドラマ
世なおし奉行』/『あかんたれ[1]
受賞
毎日映画コンクール
助演女優賞
1969年少年
テンプレートを表示

小山 明子(こやま あきこ、1935年(昭和10年)1月27日 - ) は、日本女優[1]

千葉県生まれで神奈川県横浜市鶴見区育ち。戸籍名は大島 明子(おおしま あきこ)。旧姓臼井

夫は映画監督大島渚。叔父は社会運動史研究者の小山弘健

  1. ^ a b c d 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.48.
[ 前のページに戻る ]