美女と才女
宮本信子  
女優・歌手
生年月日1945年3月27日

女優、歌手。夫は伊丹十三。長男は池内万作。俳優の千秋実と父が従兄弟。
1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所。
1964年、木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団後にフリーとなる。

映画『日本春歌考』での共演が縁で、1969年に伊丹と結婚した。
1984年に夫がメガホンを取った『お葬式』に主演してブレイク(以降の伊丹作品には全て出演)。続く『マルサの女』で大ブレイク。作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、美人役からブサイク役までをこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞。
伊丹は「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と、「お葬式」に起用したと述べている。

テレビドラマ:『毛利元就』『まんてん』『どんど晴れ』『あまちゃん』『ひよっこ』

映画:『お葬式』[1]『マルサの女』『ミンボーの女』『スーパーの女』

舞台:『港町十三番地』

みやもと のぶこ
宮本 信子
本名 池内 信子(旧姓:宮本)
生年月日 (1945-03-27) 1945年3月27日(76歳)
出生地 日本の旗 日本北海道小樽市[1]
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 157cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1963年 -
配偶者 伊丹十三(1969 ‐ 1997年)[1]
著名な家族 池内万作(長男)
佐々木勝彦(再従兄)
事務所 東宝芸能
公式サイト https://miyamoto-nobuko.jp
主な作品
テレビドラマ
映画
舞台
『港町十三番地』
テンプレートを表示

宮本 信子(みやもと のぶこ、戸籍:池内 信子[2]、旧姓:宮本1945年3月27日[1][3] - )は、日本女優歌手北海道小樽市生まれ[3]愛知県名古屋市育ち[4][5]愛知淑徳高等学校卒業[3][1]。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所東宝芸能[2]1990年から)。俳優の佐々木勝彦は再従兄(父が佐々木の父である俳優の千秋実と従兄弟)

  1. ^ a b c d e f 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「prf」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  2. ^ a b 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「touhouofficial」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  3. ^ a b c 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「miyamoto_officialsite」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  4. ^ ひとりごと 宮本信子”. ZAKZAK. 2014年4月28日閲覧。
  5. ^ タンポポだより 「・・・紋別・ホワイトコンサート・・・」”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
[ 前のページに戻る ]