美女と才女
太地喜和子  
女優
生年月日1943年12月02日

東映ニューフェイスの第6期に合格。同期には千葉真一・亀石征一郎・真山知子・茅島成美・新井茂子・都築克子らがいる。
翌1963年東映を離れ俳優座養成所15期生入団、同期に前田吟・村井国夫がいた。『欲望という名の電車』の杉村春子の芝居に衝撃を受け、1967年文学座に入団した。舞台女優として、「杉村春子の後継者」として期待されていた。

私生活では、俳優座養成所時代からの同期だった秋野太作と1974年に結婚するも、短期間で離婚。その他三國連太郎、十八代目中村勘三郎、七代目尾上菊五郎、志村けんとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「私はサービス精神がある限り、見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」というポリシーを持っており、離婚後は生涯、独身を通した。また当時の女優としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。

たいち きわこ
太地 喜和子
本名 太地 喜和子(たいじ きわこ)
別名義 志村 妙子(しむら たえこ)
生年月日 (1943-12-02) 1943年12月2日
没年月日 (1992-10-13) 1992年10月13日(48歳没)
出生地 東京都中野区
ジャンル 女優
配偶者 秋野太作(1974年)
主な作品
映画
藪の中の黒猫
火まつり
テレビドラマ
風と雲と虹と
白い巨塔
受賞
キネマ旬報賞
助演女優賞
1976年男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
報知映画賞
第1回(1976年)助演女優賞
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
芸術選奨新人賞(1981年)
「元禄港歌」「雁の寺」[1]
第9回紀伊國屋演劇賞(1974年)
「越後つついし親不知」「藪原検校」[2]
エランドール賞新人賞(1969年)[3]
第1回日本シェークスピア賞女優賞(1992年)[4]
第30回ゴールデン・アロー賞特別賞(1993年)[5]
テンプレートを表示

太地 喜和子(たいち きわこ、本名読み;たいじ きわこ[6]、別名;志村 妙子1943年12月2日 - 1992年10月13日)は、日本女優東京都中野区出身[7][8][9]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 吉行淳之介『新面白半分対談』p.146(講談社1975年
  7. ^ 『欲望という名の女優』p.160-165
    『太地喜和子伝説』p.25
    『ぴあシネマクラブ 日本映画編』p.707(ぴあ2006年
  8. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』p.389(キネマ旬報社1980年
  9. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「フォーカスな人たち」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
[ 前のページに戻る ]