美女と才女
大原麗子  
女優
生年月日1946年11月13日

六本木野獣会に属し、大野伴睦の長男で東京放映の社長である大野直にスカウトされ、芸能界入り。
中尾ミエ主演の東宝映画『夢で逢いましょ』(1962年)にも端役で出演していたが、1964年(昭和39年)、テレビドラマ『幸福試験』(NHK)の出演でデビューし、翌年、東映へ入社。
佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画に出演し、高倉健の『網走番外地』シリーズ、千葉真一主演作品での助演、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演した。

配偶者渡瀬恒彦(1973年 – 1978年)、森進一(1980年 – 1984年)主な作品テレビドラマ:『雑居時代』『気まぐれ天使』『春日局』
『チロルの挽歌』『徳川慶喜』
映画:『セカンド・ラブ』『居酒屋兆治』『おはん』

おおはら れいこ
大原 麗子
本名 飯塚 麗子[注釈 1]
生年月日 (1946-11-13) 1946年11月13日
没年月日 (2009-08-03) 2009年8月3日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都文京区[2]
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1964年 - 2009年
配偶者 渡瀬恒彦[2](1973年 - 1978年)
森進一[2](1980年 - 1984年)
主な作品
テレビドラマ
雑居時代
気まぐれ天使
春日局
チロルの挽歌[2]
徳川慶喜
映画
セカンド・ラブ[2]
居酒屋兆治
おはん[2]

CM
サントリー
テンプレートを表示

大原 麗子(おおはら れいこ、1946年昭和21年〉11月13日 - 2009年平成21年〉8月3日[3][2])は、日本女優。本名は飯塚 麗子(いいづか れいこ)[1][注釈 1]。身長157cm、B80cm、W56cm、H83cm(1975年5月)[4]

  1. ^ a b “故・大原麗子さん 95歳最愛の母「娘の墓には入らない」家族の確執【故・大原麗子さん】”. 女性自身 2012年8月・2551号. https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1607993/ 
  2. ^ a b c d e f g 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.24.
  3. ^ “大原麗子さん「復帰したかった」…3日に「病死」と判明、8日密葬”. スポーツ報知. (2009年8月8日). オリジナルの2009年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20090810203727/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090807-OHT1T00316.htm 2014年4月15日閲覧。 
  4. ^ 武沢三雄 (1975年5月26日). “スター二つの顔 大原麗子 虚像実像 育ち・プロ歴 『麗しき"おきゃん" "古風な女"によくあう富士びたい』(大原本人の取材を含む記事)”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 15 


引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]