美女と才女
吉永小百合  
俳優・歌手
生年月日1945年3月13日

女優、歌手である。1960年代を代表する人気映画女優で、10年間で70本以上の映画に出演した。吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。
「日活の看板女優」として、浜田光夫と1960年代の日本映画界に一大旋風を巻き起こした。特に『キューポラのある街』、ベストセラーを映画化した『愛と死をみつめて』などは世間から熱い注目を集めた。1960年代には吉永のブロマイドが、あまりの売れ行きに店頭から姿を消すなど、爆発的に売り上げを伸ばした。また、松原智恵子と和泉雅子と合わせて「日活三人娘」とも呼ばれた。
遠縁に歌手の佐良直美がいる(佐良直美の母方の大伯父である山口彰夫の妻と、吉永小百合の母が姉妹同士)また山本直純の妻の山本正美も遠縁にあたる(山本正美の妹の夫の母が、吉永小百合の母のいとこの妻と姉妹同士)。
お酒好きで、1970年代前半に年末年始の恒例だった雑誌『酒』の編集長・佐々木久子や楠本憲吉らが選ぶ『11PM』「女流酒豪番付」に於いて、小結に選出されたこともある。

映画:『キューポラのある街』 『伊豆の踊子』 『愛と死を見つめて』 『青春の門』
『おはん』 『映画女優』 『天国の駅 HEAVEN STATION』 『華の乱』 『おとうと』
『北のカナリアたち』 『ふしぎな岬の物語』
テレビドラマ:『樅ノ木は残った』 『風と雲と虹と』 『鮎のうた』 『夢千代日記』

秋山庄太郎「私の履歴書」1993年6月掲載から「女優の可能性を読む」

長いこと見てくると、その女優やモデルの可能性を予測するのも楽しみの一つであり、発見の喜びになる。

(1)吉永小百合さんが15歳の頃、「これは大スターになる顔だから、大事に育てなさいよ」と母親に言った覚えがある。後年、「夢千代日記」などの映画で、彼女のその持ち味が存分に発揮されたと思う。

(2)岩下志麻さんは、「駆けずのお志麻」と言われたほど、どんなに急ぐ時でも駈け出さないので、この名前がついた。近年の姉御役には、当時から見られた悠揚迫らぬ大物キャラクターが浮き出ている。

(3)藤純子さんは、セーラー服から撮っている。堂々とした態度で、この人は山本富士子まで行くと感じた。

(4)山口百恵さんが来たとき、「あ、この子は、早く結婚するよ」と、何気なく言ってしまったが、当たった。

(5)浅丘ルリ子さんは、「私、今、アンネですから、化粧乗りが悪いんです。ダメだったら、すみませんが、撮り直してください」。こんな話をさっぱりいえる女優さんは初めてだった。自分の顔の見られ方をよく知っている人で、その時の顔も、抜群にいい顔であった。

よしなが さゆり
吉永 小百合
吉永 小百合
吉永 小百合
文化功労者選出に際して公表された肖像写真
本名 岡田 小百合(旧姓吉永)
生年月日 (1945-03-13) 1945年3月13日(77歳)
出身地 日本の旗 日本東京都渋谷区
身長 155 cm[1]
血液型 O型
職業 女優歌手ナレーター
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1957年 -
配偶者 岡田太郎
事務所 吉永小百合連絡事務所
主な作品
映画
キューポラのある街
伊豆の踊子
愛と死を見つめて
男はつらいよ 柴又慕情
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ
青春の門
おはん
映画女優
天国の駅 HEAVEN STATION
華の乱
母べえ
おとうと
北のカナリアたち
ふしぎな岬の物語
母と暮らせば
テレビドラマ
樅ノ木は残った
風と雲と虹と
鮎のうた
夢千代日記
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
1985年おはん』『天国の駅
1989年つる -鶴-』『華の乱
2000年長崎ぶらぶら節
2005年北の零年
優秀主演女優賞
1994年女ざかり
2022年いのちの停車場
ブルーリボン賞
主演女優賞
1962年キューポラのある街
2000年長崎ぶらぶら節
大衆賞
1964年
その他の賞
キネマ旬報賞
主演女優賞
1984年おはん』『天国の駅
毎日映画コンクール
女優主演賞
1984年おはん』『天国の駅
1994年女ざかり
報知映画賞
主演女優賞
1984年おはん』『天国の駅
2012年北のカナリアたち
日刊スポーツ映画大賞
主演女優賞
1988年華の乱
2000年長崎ぶらぶら節
2012年北のカナリアたち
芸術選奨
備考
紫綬褒章2006年
文化功労者2010年
テンプレートを表示

吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年(昭和20年)3月13日[2] - )は、日本俳優歌手である。本名:岡田 小百合(おかだ さゆり)。旧姓:吉永。

1960年代を代表する人気映画女優。10年間で、70本以上の映画に出演。吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。ファンは「サユリスト」と呼称される[3]

  1. ^ 【週刊・吉永小百合】若さ、美貌の秘訣!?サユリスト必見の食生活
  2. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.22.
  3. ^ サユリストは吉永小百合の何が好きなのか 何歳でも少女役が似合う希有な存在”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2018年3月28日). 2021年6月1日閲覧。
[ 前のページに戻る ]