美女と才女
加賀まりこ  
女優・司会者
生年月日1943年12月11日

女優、司会者。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ、「小悪魔」や「和製ブリジット・バルドー」などと呼ばれる。
通学姿を見初めた篠田正浩と寺山修司に路上でスカウトされ、フジテレビ系ドラマ『東京タワーは知っている』でデビュー。芸名は秋山庄太郎に付けてもらった。
演出家・浅利慶太から「舞台に出るかい?」と舞台出演の打診をされる。帰国後、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演。連日大入りの大盛況で日生劇場始まって以来の大成功となる。この舞台で初めて、女優としての喜びを知り、以降女優業に本腰を入れる。

石坂浩二とは1966年に舞台で共演したことを契機として交際が始まり、一時は同棲にまで至るも、お互いの仕事が忙しくなり関係は自然消滅した。なお後に石坂と結婚する浅丘ルリ子を石坂に紹介したのも加賀である。

テレビドラマ:『澪つくし』 『あすなろ白書』 『君の手がささやいている』
『私の青空』 『花より男子』

映画:『涙を、獅子のたて髪に』 『美しさと哀しみと』 『泥の河』 『陽炎座』 『麻雀放浪記』

かが まりこ
加賀 まりこ
本名 加賀 雅子(かが まさこ)
生年月日 (1943-12-11) 1943年12月11日(77歳)
出生地 日本の旗 日本東京都神田区小川町(現千代田区神田小川町[1]
出身地 日本の旗 日本・東京都新宿区神楽坂
身長 156cm
血液型 O型
職業 女優司会者
ジャンル テレビドラマ映画歌番組
活動期間 1960年 -
活動内容 1960年:ドラマ出演でデビュー
1962年:映画デビュー
配偶者 清弘誠(事実婚)[1]
著名な家族 加賀四郎(父)[1]
加賀千景(姪)
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
澪つくし
あすなろ白書
君の手がささやいている
私の青空
花より男子』シリーズ
5→9〜私に恋したお坊さん〜
映画
『月曜日のユカ』
『美しさと哀しみと』[1]
泥の河[1]
陽炎座
麻雀放浪記[1]
テンプレートを表示

加賀 まりこ(かが まりこ、1943年昭和18年〉12月11日[1] - )は、日本女優司会者。本名は加賀 雅子(かが まさこ)[2]。有限会社活動屋所属。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ、「小悪魔[2]や「和製ブリジット・バルドー」などと呼ばれる[1][2]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.20.
  2. ^ a b c スポーツニッポン『我が道』2013年6月1日
[ 前のページに戻る ]