美女と才女
三田佳子  
女優
生年月日1941年10月08日

夫は元NHKプロデューサーの高橋康夫。長男は森宮隆、次男は高橋祐也。
大河ドラマ『いのち』と『花の乱』で主演を務めた。大河ドラマに複数回主演した唯一の女優である。
1960年春に第二東映へ入社した。同年、『殺られてたまるか』で女優デビュー。当初から主役級で起用され、佐久間良子に次ぐ東映現代劇の看板女優との扱いを受ける。
1967年に東映を退社しフリーとなり、テレビと舞台を中心に活動した。
1984年、『Wの悲劇』での女優役の演技が高く評価され、各映画賞を総なめにする。
1986年、当初より三田の演技力を買っていた橋田壽賀子脚本作品の『いのち』に主演。高視聴率を獲得し、人気を不動のものとする。
1989年と1990年には『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を連続して務める。

テレビドラマ:『太閤記』『いのち』『外科医有森冴子』『花の乱』『花燃ゆ』

映画:『武士道残酷物語』『仇討』『沈黙』『Wの悲劇』『利休』『遠き落日』

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年10月
みた よしこ
三田 佳子
三田 佳子
本名 高橋 嘉子
石黒 嘉子(旧姓)
生年月日 (1941-10-08) 1941年10月8日(79歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
血液型 O型
職業 女優
活動期間 1960年 -  
活動内容 1960年:デビュー
NHK大河ドラマに出演
宇津井健と共演
萩原健一と共演
2014年旭日小綬章
配偶者 高橋康夫(元NHKエグゼクティブ・プロデューサー
著名な家族 森宮隆(長男)
高橋祐也(次男)
事務所 プロダクション尾木
公式サイト オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
太閤記
いのち
花の乱
花燃ゆ
映画
『極道の妻たち三代目姐』
沈黙
備考
旭日小綬章2014年
NHK紅白歌合戦紅組司会(1989年1990年
大河ドラマ主演俳優(複数回主演は女優史上初で唯一)
テンプレートを表示

三田 佳子(みた よしこ、1941年10月8日[1] - )は、日本女優。本名:高橋 嘉子(たかはし よしこ)、旧姓:石黒(いしぐろ)。女子美術大学付属中学校・高等学校卒業。芸名の三田は慶應義塾大学野球部のファンだったため[2]。三田佳子事務所所属[3]だったが、2017年2月24日付けでプロダクション尾木に移籍。

夫は元NHKプロデューサー高橋康夫。長男は森宮隆、次男は高橋祐也

代表作は映画『極道の妻たち三代目姐』[4]、ドラマは大河ドラマいのち』『花の乱』など。大河ドラマ2本で主演を務め、大河ドラマに複数回主演した唯一の女優である。

  1. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.18.
  2. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年、644頁。
  3. ^ マネジメントは生島企画室と業務提携。
  4. ^ https://www.allcinema.net/cinema/150745
[ 前のページに戻る ]