美女と才女
マリア・カラス  
ソプラノ歌手
生年月日1923年12月02日

ニューヨークで生まれパリで没し、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた。特にルチア(ランメルモールのルチア)、ノルマ、ヴィオレッタ(椿姫)、トスカなどの歌唱は、技術もさることながら役の内面に深く踏み込んだ表現で際立っており、多くの聴衆を魅了すると共にその後の歌手にも強い影響を及ぼした。
カラスの特に傑出した点は、そのテクニックに裏打ちされた歌唱と心理描写と演技によって、通俗的な存在だったオペラの登場人物に血肉を与えた事であろう。持ち前の個性的な声質を武器にして、ベルカントオペラに見られるありきたりな役どころにまで強い存在感を現した。
カラスの最初の夫は30歳年上のイタリアの実業家ジョヴァンニ・バッティスタ・メネギーニであったが、後にオナシスのもとに出奔し離婚。オナシスとの愛人関係はケネディ大統領未亡人ジャッキーとオナシスの結婚後も続いた。その後ディ・ステファーノと恋愛関係に入る。

マリア・カラス
Een portret van de zangeres, Bestanddeelnr 926-8776.jpg
1973年
基本情報
出生名 Sophia Cecelia Kalos
生誕 1923年12月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
死没 (1977-09-16) 1977年9月16日(53歳没)
フランスの旗 フランス パリ
学歴 アテネ音楽院
ジャンル クラシック音楽オペラ
職業 歌手
担当楽器 ソプラノ
活動期間 1942年 - 1974年
レーベル EMI
公式サイト www.callas.it

マリア・カラスMaria Callas, ギリシア語: Μαρία Κάλλας, 1923年12月2日 - 1977年9月16日)は、ギリシャアメリカ人ソプラノ歌手ニューヨークで生まれパリで没し、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた。特にルチア(ランメルモールのルチア)、ノルマ、ヴィオレッタ(椿姫)、トスカなどの歌唱は、技術もさることながら役の内面に深く踏み込んだ表現で際立っており、多くの聴衆を魅了すると共にその後の歌手にも強い影響を及ぼした。

[ 前のページに戻る ]